1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 実行委員に話を伺ってみた〜その2【穴澤賢の犬のはなし】

実行委員に話を伺ってみた〜その2【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.21 実行委員に話を伺ってみた〜その2

音楽を通じて、ペットの殺処分ゼロを目指すイベント「HAPPY MUSIC FESTA〜Toward ZERO〜」が今年も9月23日(月・祝)に千葉県の舞浜アンフィシアターで開催されます。2010年にこのイベントがスタートしたときから実行委員の一人として関わってきた私(穴澤)が、発起人たちに集まってもらって改めてイベントの趣旨や、動機、伝えたいことなどを伺ってきました。

いぬのきもちweb

写真右より穴澤、(株)タイスケ 糸川成美さん、(株)RONG-Tai FACTORY 守谷竜汰さん、設楽 亮さん

一般社団法人まで作ってしまった!

穴澤:HAPPY MUSIC FESTAは1年目が大赤字で、2年目から大阪に加えて東京公演もやり始めて。それで去年は無謀にも東京2デイズで。

糸川:無謀って(笑)。

穴澤:HAPPY MUSIC FESTA、収支的にはどうだったんですか。

糸川:初年度は赤字で寄付も何もできず、2年目が黒字、3年目がトントン、みたいな感じ。

穴澤:収支報告はすべてホームページで公開してますよね。

守谷:はい、こちらでしてますよ

いぬのきもちweb
いぬのきもちweb

HAPPY MUSIC FESTA 2011より

穴澤:当初はハッピーハウス(前回参照)だけでなく、いろいろな保護シェルターに寄付を集めたいという思いでスタートしたわけですが、現状はそこまでまとまった寄付はできていませんよね。

設楽:できていませんね……。2年目は多少できましたけど。

糸川:でも、それだけじゃなくて、音楽を聴きに来てくれるお客さんは、犬猫の現状について知らない人が多いじゃないですか。

穴澤:たしかに。犬猫の殺処分を減らしたいと思っているのは、たいてい犬猫を飼っている人で、それ以外の人は実はそんなことがあることも知らない人が多いですから。ふだんから知るような機会もないわけで。

糸川:だから何気なく音楽を聴きに来た人が、会場でやっている犬猫の新しい飼い主募集とか、写真パネルの展示とかを見て、こんなことがあるのかと知ってくれたらいいなという。

いぬのきもちweb
いぬのきもちweb

HAPPY MUSIC FESTA 2011より

守谷:もともとそういう趣旨もあるわけです。

穴澤:それで、今年の3月に「&PETS」という一般社団法人を立ち上げましたよね。僕も理事になっていますけど。

法人化によって広がる支援の方法

穴澤:なぜ一般社団法人にしようと思ったんですか?

糸川:それまでは私個人としてやっていたけど、それだと企業からの寄付などスポンサーとしてお金を出してもらうときにちょっと難しい部分があるんですよ。

守谷:一般の人から寄付を募る場合も宛先が個人だとなかなか。そこで法人化しようと。

設楽:あとは、今後は年に1回のイベントだけではなく、業界や関係者向けの勉強会や、小学校での絵本の読み聞かせなどもやって啓蒙の幅を広げていきたいという部分もありまして。

いぬのきもちweb

糸川:それ以外にも、大阪で絵本の読み聞かせ会をしてたりするんですよ。穴澤くんの、例のあの絵本を。

穴澤:そうそう、あの『でかおの絵本』の3刷りか4刷り目あたりから、帯には「&PET HAPPY MUSIC FESTA推薦図書」っていう文字が入っているんですよね。でも、あれもたまたまだったんですよね。

糸川:そう、本当は「&PET」として何か犬猫の啓蒙絵本をつくろうという話があって。

穴澤:その話を僕はあまり詳しく聞かされていなくて、ある日ミーティングに出たら、どんなストーリーにしようかとか相談していたから「そういえば、近々こんな絵本を出すんですけど」って制作中の絵本を見せたんですよね。

糸川:そしたらみんな「これでいいじゃん」となって(笑)。

いぬのきもちweb

穴澤:僕は僕で勝手に作っていただけなので、本当にたまたまなんですよね。そもそも、こうして僕がHMFに関わることになったのもたまたまですから。

糸川:そういえばそうだよね。

穴澤:もともと糸川さんと出会ったのは僕がまだバンドやっているころで、デモテープをタイスケに送ったら、ライブを見に来てくれたんですよね。

糸川:高円寺のライブハウスまでね。

穴澤:で、ライブ後に飲みに行ったりしたんだけど、別にそれ以降は何もなく、ずっと連絡もしてなかったんですよね。それがある日突然連絡が来て。

糸川:違うよ、その前に富士丸の本が出たときに一冊送ってきてくれたんだよ。

穴澤:そうでしたっけ。

糸川:それで「何やってんの?」てびっくりしたんだけど(笑)、それからさらに数年後に、私の師匠だった人が、穴澤くんと富士丸のファンだと言うので「うそ? 私、あの子知ってるで」てなって(笑)。そんで、今度HMFやるかっていうときになって、そういえばと思い出して。文章とか頼めるし(笑)。

いぬのきもちweb

穴澤:それがこうして今、HMFの実行委員になって「&PETS」にも関わっているというのも、考えてみれば不思議な縁ですよね。今年から一般社団法人になったわけだし、安泰な感じですか。

設楽:いえ、そうでもなく。

守谷:あまり変わっていないというか(笑)。

糸川:カツカツの状態(笑)。

穴澤:でもね、もし仮に大企業とかからバーンとお金を出してもらえたとしたら、それをそのまま寄付すればいいじない、ということにはならないですか?

設楽:啓蒙だから、それは少し違うと思うんですよ。

穴澤:というと?

設楽:継続して、犬や猫を飼っていない人たちや知らない人たちに、こういう現状があるということを伝えていくという意味では、ただ単に寄付をするのとはちょっと違うかなと思っています。

守谷:それにライブ以外にも活動を広げていきたいし。

いぬのきもちweb
いぬのきもちweb

HAPPY MUSIC FESTA 2012 OSAKAより

穴澤:ライブに出演するアーティストって、基本ノーギャラですか?

糸川:ノーギャラというか、機材の移動とか自分のスタッフとか経費はかかるから、必要経費としては払うけど、みんなイベント趣旨に賛同してくれた人たちなので、それでも破格というか、最終的に持ち出しになる人もいるから。そこはもうひたすら平謝りみたいな(笑)。

穴澤:僕等もみんなボランティアですから。あ、肝心のイベントの告知をしなければ(笑)。

設楽:お願いします!!

(つづく)

次回予告
HAPPY MUSIC FESTA 2013の見どころについてご紹介します。

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る