1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 小悪魔こむぎ健康診断に行く「 柴犬こむぎの小悪魔日記」

小悪魔こむぎ健康診断に行く「 柴犬こむぎの小悪魔日記」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小悪魔こむぎ健康診断に行く

かわいい顔でまわりを振り回しちゃう小さな柴の小悪魔犬『こむぎ』です。9才の誕生日を迎えた2日後に健康診断に行ってきました。今回はこの様子をお届けします。

病院はちょっぴり怖いのよ

いぬのきもちweb

こむぎが9才の誕生日を迎えた2日後、健康診断に行ってきました。昨年末に血液検査は受けていて、こちらはとくに問題なし。ただシニア期に入っているだけに健康面では気になることもいくつか。動物病院で先生と相談して心電図やレントゲン検査を受けることに。

いぬのきもちweb

まずは心電図の検査からスタート。ちょっと不安そうな表情のこむぎですが、騒ぐことはなくおとなしくしています。

いぬのきもちweb

心電図は3回測定をしました。結果は「特別心配することはないでしょう」とのこと。年齢的に心臓に何かないか心配だったのですが安心しました。

いぬのきもちweb

何もなくてよかったね、こむぎ。次はレントゲン検査ですよ。もうちょっとがんばろう。

こむぎの健康診断、次は別室に移動してレントゲン検査です。暗室での撮影のため私は待合室で待機中。心電図検査のときは私が側にいたのでおとなしかったこむぎですが、レントゲン室ではそうもいきません。診察室の奥からこむぎの鳴き声が聞こえてきました(汗)

いぬのきもちweb

検査結果を聞いているときも、こむぎはちょっとお疲れモード。というのも、今回は息を吸ったときと吐いたとき両方のレントゲン撮影をしたのです。
こむぎは小さいころからノドが弱く、首輪でちょっと引っ張るとゲホゲホしたり、興奮すると咳きこみます。以前も紹介しましたが、こむぎがハーネスを使っているのはこのことが関係しています。

いぬのきもちweb

今回の検査で新たにわかったのが『変形性脊椎症』。関節炎のひとつで、関節の軟骨が磨り減って変形してしまうために起こるそう。高齢犬によくみられる病気です。
病気の原因が加齢性の変化なので、腰に負担をかけないように飼い主としても気をつけなくてはいけません。見た目は若く見えても、老化は着々と進んでいるようですね。うまく付き合いながら、こむぎが少しでも元気に過ごせるよう今まで以上に気をつけてサポートしようと心に誓った私です。

いぬのきもちweb

すべての検査と結果を聞き終わり待合室にいると、こむぎが大好きな次元君のママが登場! 次元君はこの日、午前中から預かりで健康診断のフルコースを受けていたのです。
診察室の中から次元君の「ママ〜〜!!!」な鳴き声が聞こえてくると、こむぎはソワソワ。あれっ?顔がニヤけてない(笑)

いぬのきもちweb
いぬのきもちweb

健康診断はちょっぴり怖いけれど、最後のサプライズは喜んでもらえたよう。頑張って受けてよかったね、こむぎ。

いぬのきもちweb

文・写真/きよ(こむぎ母)

ブログ:豆柴こむぎの部屋

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る