1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 膿皮症との闘った夏の日|連載「僕はペン、ママはラブリ」vol.4

犬が好き

UP DATE

膿皮症との闘った夏の日|連載「僕はペン、ママはラブリ」vol.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある朝突然起こった皮膚のトラブル

ペンとラブリ

こんにちわ。ラブリです。連載4回目となりました。今回はフレンチブルの色々をお話したいと思います。
  
 私は最近、「よし、夏がやってくるぞ」と少しかまえてしまいます。その理由は、昨年の夏のつらい出来事でした。

 去年の夏のこと。ペンさんの背中に突然、ポツンとハゲができました。最初はあまり気にしなかったのですが、あるとき、朝起きて本当に本当にびっくりしました。もう毛がなくなってしまうほど体や手足を舐めていて、皮膚のいたるところが赤くただれてしまっていたんです。今思えば、手足をペロペロとよくなめていて、一晩中かゆかったのでしょう。

 すぐに病院に向かいました。診断結果は「重度の膿皮症」。膿を舐めた舌でまた違う所を舐めてしまったので、いたるところに広がってしまったのです。

悩みながら闘病した夏の日…

ペンとラブリ

 ここから私とペンさんの、皮膚治療の奮闘が始まりました。写真は、皮膚を守るために着ていた皮膚保護用のウェア姿のペンさんです。

 病院では、菌の繁殖を防ぐため、薬用シャンプーで洗ってくれましたが、毛が抜け落ち、皮膚がむき出しになってしまいました。かなりショックでしたが、私が頑張ってあげなきゃ!と気持ちを奮い立たせました。しばらくは大好きな散歩も禁止、皮膚を乾燥させるためにエリザベスカラーは必須。

 ずっと付けているエリザベスカラーの影響で、今度は首まわりの皮膚が荒れてきてしまいました。並行して、アレルギー検査も同時に行いましたが、なんと牛肉と乳製品に反応が。色んなことが膿皮症と重なってしまいました。

 まだ小さい体で、薬を飲ませ続けることが不安になったり、でも飲ませないと痒くなっちゃうし……というもんもんとした日常。暑い時期を乗り越えたら落ち着くことを願って、本当に本当に毎日頑張りました。まめに体全体をくまなく拭く、定期的なシャンプーをする。痒そうなときは専用の化粧水をスプレーする。etc…

 痒がっている姿を見ていると、きゅっと心が苦しくなりましたが、本人は「??」ってといった感じで、いたって元気! 家の中でカラーをつけて走り回っていて、そんなペンさんからいつも元気をもらってました。皮膚にいい内容に変えた食事も、瞬間的に完食。食べたことすら忘れたのか、「ごはん、まだ?」とカラー姿でこちらを見つめる顔を今では懐かしく思います。

 あれから1年。皮膚もようやく落ち着いて、エリザベスカラーも卒業! 散歩もできるようになりました。今でも毛のない部分はありますが、ペンさんのトレンドマークとなってみんなに愛されています。

また今年も夏がやってきますが、昨年のあの奮闘を思えば、乗り越えられる気がします。 同じように愛犬の皮膚トラブルに悩むみなさん、がんばりましょうね!

それではまた来週!

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る