1. トップ
  2. 獣医師Q&Aトップ
  3. 健康管理から探す
  4. 手術
  5. 避妊・去勢
  6. 避妊手術をするか悩んでいます。 子宮の病気の予防のためにはし...
2020/06/09

避妊手術をするか悩んでいます。 子宮の病気の予防のためにはし...

ここあ
ポメラニアン (4.8kg) 6才3ヶ月
避妊手術をするか悩んでいます。
子宮の病気の予防のためにはしたほうがよいのではと最近考えるようになりました。
年齢的にも大丈夫なのか不安なのと全身麻酔も不安要素のひとつです。
よろしくお願いします。
服薬状況
現在、フィラリアとノミ、マダニの薬を飲んでいます。
病歴
とくにありません。
牧野真幸 先生
マイ動物病院(大阪府)
子宮の病気として、よく遭遇する疾患の一つとして子宮蓄膿症があります。
この子宮蓄膿症は、緊急度の高い疾患になりますので緊急手術になってしまうことも多いです(ホルモン注射による内科的治療方法もありますが、内科的治療方法は対応している病院は少ないです)。

ここあちゃんのように小型犬ですと、高齢になるにつれて心臓や腎臓の病気に罹患する確率が高くなり、罹患していた場合は麻酔のリスクも上昇してしまいます。

6歳ということですので、年齢的には問題ないと思われます。
麻酔をかけても大丈夫かどうか、動物病院でチェックをしていただくことをおすすめします。
  • 「獣医師Q&A」に寄せられた相談に対する回答内容は、担当した獣医師の見解によるものです。それぞれの見解が異なる場合がございますのであらかじめご理解ください。