1. トップ
  2. 獣医師Q&Aトップ
  3. 健康管理から探す
  4. 手術
  5. 避妊・去勢
  6. 避妊手術しないと子宮の病気になりやすいのですか?
2020/04/06

避妊手術しないと子宮の病気になりやすいのですか?

あずき
トイプー (3.9kg) 1才0ヶ月
避妊手術しないと子宮の病気になりやすいのですか?
牧野真幸 先生
マイ動物病院(大阪府)
避妊手術の方法は、子宮・卵巣を両方摘出する手術、卵巣のみ摘出する手術があります。

子宮・卵巣を両方摘出する手術では子宮そのものを摘出するため、子宮の病気にはならなくなります。
一方、卵巣のみ摘出する手術の場合は、子宮が残るため子宮の病気のリスクはゼロにはなりません(子宮蓄膿症などのホルモンが関与する子宮の病気のリスクは殆どなくなります)。

この他に避妊手術のメリットとしては、初回生理前および二回目の生理前に避妊手術を行うことで、乳腺腫瘍の発生率を大きく減少される効果が報告されています。
  • 「獣医師Q&A」に寄せられた相談に対する回答内容は、担当した獣医師の見解によるものです。それぞれの見解が異なる場合がございますのであらかじめご理解ください。