1. トップ
  2. 獣医師Q&Aトップ
  3. 症状/様子から探す
  4. その他
  5. その他
  6. シニア犬のためまだそこまで顕著ではないですが、認知症などが心...
2020/03/26

シニア犬のためまだそこまで顕著ではないですが、認知症などが心...

ソラーレ
E.コッカー (10.5kg) 15才8ヶ月
シニア犬のためまだそこまで顕著ではないですが、認知症などが心配です。認知症にしないために日頃心がけるといいことがあれば教えてください
牧野真幸 先生
マイ動物病院(大阪府)
認知症対策として、食事、生活習慣、遊びなどが重要になってきます。
そのなかで認知症対策として、いくつか例を提示させていただこうと思います。

まず、食事に関してですが、DHAやEPAなどの魚油、イチョウ葉エキスなどの抗酸化剤が重要になってきます。これらの成分は、動物用サプリメントがあります。
また、人間でのダイエットにも度々話題に上がるMCTオイルも認知症のワンちゃんに対して症状が緩和されたという報告があるため、MCTオイルも試されてもいいかもしれません。

次に生活習慣ですが、できるだけ規則的な生活をおくり、日中はお散歩などで活動をさせ、視覚、聴覚、嗅覚をしっかりと刺激することで脳を活性化させ、太陽光を浴びさることも重要になります。他のワンちゃんや人との関わりを増やすのも重要な刺激になります。

遊びに関してですが、新しい動作のトレーニングや新しいおもちゃを使用することも重要です。その他にもおやつを隠して探すゲームなどで、頭を使わせることも重要です。

まずは、出来ることから始めていただければ良いと思います。
  • 「獣医師Q&A」に寄せられた相談に対する回答内容は、担当した獣医師の見解によるものです。それぞれの見解が異なる場合がございますのであらかじめご理解ください。