1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の熱中症

犬の熱中症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症は発症すると分刻みで進行し、短時間で命を落とすおそれもある恐ろしい病です。暑さは人より犬のほうが弱いですから、人の感覚で判断せず、愛犬目線でしっかりと予防と対策をしましょう。ここでは熱中症の原因や症状、緊急対処法や予防と対策についてご紹介します。

犬の熱中症、その原因は?

急激な体温上昇により、体に熱がこもって体温調節ができなくなり、最悪の場合、死に至る病気が熱中症です。犬も人と同じように熱中症になります。とくに犬は暑さや湿気に弱く、高温多湿にさらされると体温のコントロール機能が失われ、みるみるうちに体温が上がり、短時間で命を落としてしまうことも。人は大丈夫でも、犬の体には負担になっていることもあるので、油断は禁物です。たとえば、数分なら大丈夫だろうと、犬だけを車内に残して車から離れて戻ったら、犬が熱中症になっていたという事例があります。車内は換気が不十分で、熱がこもりやすい環境のうえ、いつもと異なる場所なので興奮してしまう犬も多く、体温が上がりがちに。また、夕方なら大丈夫だろうと散歩させて、犬が熱中症になった事例も。とくに猛暑だった日のアスファルトは夕方になってもまだ熱いことが多く、人には問題なくても体高の低い犬にとっては充分に危険です。熱中症になるはずはないと思われる室内でも、実際に熱中症にかかった事例があります。人にとって快適な室温でも、湿度が高かったりすると、犬には非常に暑いこともあるからです。とくにシニア犬や大型犬などは暑さに弱く、要注意です。

犬の熱中症の症状は?

熱中症は、何の前触れもなく血を吐いたりけいれんしたりするわけではなく、重篤な症状が出る前に必ず初期症状が見られます。次のような様子が見られたら、熱中症を疑ってすぐ涼しい場所で落ち着かせましょう。

熱中症の初期症状。ハアハアして息づかいが荒い

犬は体温が上がると、鼻と口の両方で呼吸することで水分の蒸発を増加させて体温を下げます。荒い息づかいでいつもよりハアハアしているときは、熱中症で体温を下げるのに必死になっていることが考えられます。

体が熱くなっている

耳の中やわきの下、おなかに手を当て、いつもより熱いと感じたら体温を測って確認して。犬の体温は通常体温中枢でコントロールされていて、平熱は耳の中と直腸温で約38~39℃です。体温が40℃を超える状態が続くと危険な状態です。

舌や歯ぐきが赤くなる

息づかいが荒くなって心拍数が上がり、脈拍が速くなります。一時的に血流が上がることで血管が拡張して粘膜の血色もよくなります。その意味で赤々とした舌や歯ぐきの色は、熱中症のサインになります。

うろうろして落ち着きがなくなる

愛犬がうろうろするのは、苦しくてどこか涼しい場所を探している行動かも。また、体温がコントロールできなくなる体の変化を感じて不安になり、落ち着きがなくなっている可能性があります。

熱中症が重症化したら…

熱中症は初期症状で手を打たないと、重症化して死に至ることもある恐ろしい病気です。犬は、体温が42℃に上がったままで放置されると20分程度で細胞が損傷し、それを過ぎると死に至るといわれています。高体温により臓器のダメージが進むと、DIC(播種性血管内凝固)か、肺水腫で亡くなってしまうのです。具体的には次にあげたものが重篤な症状です。
発症してから30分~1時間が命運を分けます。以下の症状が1つでも見られたら、一刻も早く受診してください。

・大量のヨダレ 
・嘔吐 
・下痢 
・けいれん 
・吐血 
・血尿 
・下血 
・皮膚の点状出血 
・尿が少なくなる、出なくなる 
・意識障害 
・腹痛 
・呼吸困難 
・舌が青紫色になる

怖い熱中症の後遺症

熱中症の症状が進んでいると、動物病院で治療を受けても完全に回復せず、脳障害や腎障害、心不全、多臓器不全などの後遺症が残ってしまうことも。一命をとりとめても、後遺症で命を落とすこともありますから、重症化させないことが大切です。

熱中症のサインが見られたときの緊急対処法は?

熱中症になってしまったら、できるだけ早い段階で緊急処置を施すことが、深刻な事態を回避するためにいちばん大事なことです。助かるかどうかは、時間との勝負です。万が一のために、近所の動物病院の連絡先を携帯電話などに複数登録しておきましょう。
緊急処置の方法は、犬の意識があるときと、意識がないときでは異なります。犬の様子を見ながら、以下の処置をしてください。

意識があるとき

1. 体が熱くないか確認して涼しい場所へ…愛犬の耳の中やわきの下、おなかに手を当て、体が熱くないか確認しながら、クーラーの効いた部屋や風呂場など涼しい場所へ移動させます。
2. 冷たい水で体を冷やす…涼しい場所でも落ち着かない場合、愛犬を風呂場へ連れていき、ハアハアという荒い息がおさまるまでシャワーで全身に水をかけます。お尻から頭まで毛並みに逆らってなでるようにし、地肌に直接水が触れるようにかけましょう。
3. 愛犬が自力で飲めるようなら、冷たい水を飲ませる…自力で水を飲める状態なら、氷を浮かべた冷たい水を飲ませて体の中からも冷やして体温を下げます。水飲みボウルを手で支えたり、口に少量の水を垂らすと、愛犬が水を飲みやすくなります。このとき、水を飲ませようと無理にのどに水を流し込むのはNG。気管に水が入って窒息する恐れがあるので、絶対しないようにしてください。
4. 体を冷やしながら動物病院へ向かう…動物病院へ連絡をして、できるだけ早く行ける方法で動物病院へ。濡れたままタオルでくるみ、おなかやわきに保冷剤を当てて移動の間も犬の体を冷やし続けます。犬がうつむかないように顔を支え、呼吸を確保しましょう。
5. 数日は安静に過ごして…熱中症になったりなりかけたりした犬は、体力が低下しています。数日は激しい運動を控え、涼しい室内で安静にして。獣医師の指示に従い、充分な栄養をとらせましょう。

意識がないとき

1. 鼻と口だけ出して、犬の体を水につける…意識がないのは非常に危険な状態なので、体温を一気に下げるため、浴槽に水が張ってあれば全身を水につけて。この際、犬の息ができるよう、鼻と口元は手で支えて水から出すようにしましょう。浴槽に水が張っていない場合は、シャワーを使って冷やすようにして。
2. 体を冷やしながら動物病院へ向かう…動物病院へ連絡をして、できるだけ早く行ける方法で動物病院へ。濡れたままタオルでくるみ、おなかやわきに保冷剤を当てて移動の間も犬の体を冷やし続けます。犬がうつむかないように顔を支え、呼吸を確保しましょう。
3. 数日は安静に過ごして…熱中症になったりなりかけたりした犬は、体力が低下しています。数日は激しい運動を控え、涼しい室内で安静にして。獣医師の指示に従い、充分な栄養をとらせましょう。

熱中症の予防方法は?

室内環境について

温度は26℃以下、湿度は50%以下を目安にしましょう。シニア犬や暑さに弱い犬などは、この温度・湿度でも高く感じることが。愛犬がハアハアしないように温度・湿度を調節して。
同じ部屋でも高い場所や低い場所では温度が異なるので、部屋の温度・湿度の調整は犬の顔の高さでこまめにチェックしましょう。また、低い位置にいる犬に冷房の冷気がまわるよう、扇風機やサーキュレーターも同時に使って空気を循環させ、室内の温度のむらをなくすといいでしょう。夏の強い日差しを遮るため、日中でもカーテンを閉めて、室温が上昇するのを防ぐのも忘れずに。

留守番させる場合は

暑い時期に犬を留守番させるのは心配なもの。水は、出かける前に新鮮な水に替え、犬が飲み干したりこぼしたりしたときのために、水飲み容器は2カ所以上に置いておきましょう。ボトルタイプのものが1つあると、こぼす心配がなく安心です。愛犬をケージに入れずに留守番させる場合、暑いときや冷えすぎるときでも快適な温度の場所に移動可能なよう、自由に行き来できるようにしておいて。就寝の際には、犬がいる部屋にはエアコンをつけたままにして、室温をキープしてあげたいですね。

室外飼育の場合は

猛暑が予想される日には、早めに愛犬を室内に入れることが重要です。犬舎は直射日光が当たらないよう、よしずを置くなどして日陰になる工夫を。犬舎がエアコンの室外機に近い場合は、排出される熱気で暑くなるので離れた場所に移動しましょう。また、暑い日は、犬舎のまわりにこまめに打ち水をして、地面の温度を下げましょう。水は、犬が倒してこぼしたり蒸発したりすることもあるので、複数置き、水分補給を充分に行って。同時に水がなくなっていないかこまめにチェックしましょう。

散歩にいく場合

散歩に行くときは、一日のなかでも地面の温度が低い早朝のうちに済ませましょう。日が昇る前に行くのが理想的です。夜でも暑い時期は無理をせず、1日1回でも仕方ないとあきらめて。やむをえず日中散歩に行く場合は10分おきを目安に、まめに休憩をとりながら水分補給を。密集していない木々の下など風通しがいい道を散歩コースに選びましょう。人より体高が低い犬は、アスファルトの照り返しの熱(輻射熱)を受けがちです。必ず路面を手のひらで触って、熱くないか確認してから出かけて。
外でしかトイレができないと、暑くても排泄のために外出しないとならなくなります。散歩に行けないときでも家の中でできるよう、ふだんからトイレのしつけをしておきたいですね。

外出時の注意

犬を連れて出かける際には、少し目を離した隙に愛犬が熱中症になってしまうことも。愛犬の様子に変化がないか、常にチェックしましょう。キャンプ場などでは、おけや小型のプールを用意して水を張り、愛犬を涼ませるといいですね。ほんの数分でも車の中は高温になってしまうので、車内に犬だけを残すのは絶対にNG。お出かけ先で愛犬に熱中症の様子がみられたときに、すぐ対応してもらえるよう、出先で駆け込める動物病院を調べておくといいでしょう。

遊ばせる場合

犬は、遊びで興奮すると体温が上がりがちになるので、遊ばせる際は、必ず涼しい場所を選んで。興奮してきたら、「オスワリ」させたり、おもちゃとおやつを交換したりして、クールダウンさせましょう。

熱中症にかかりやすい犬種

とくにかかりやすいリスクをもった犬種は、飼い主さんが充分に気を付けるようにしてください。

シニア犬…老化で体内の循環が悪くなっているうえに生理機能が衰え、体温調整がうまくできない傾向があります。

大型犬…肺が大きく、熱い空気が体内にたまりやすい傾向があります。夏でも運動量が多い点も熱中症の原因になりがちです。

短頭種…気道が狭いため、呼吸がしづらく、もともとハアハアしがちです。そのため体温調整が苦手な傾向に。

寒い地方が原産の犬…寒さから身を守るため被毛が密に生えていて、熱がこもると逃がしにくく、暑さに弱い傾向があります。

持病がある犬…健康な犬よりも呼吸器機能がスムーズでない傾向があります。

肥満の犬…皮下脂肪が原因で熱の発散がしにくい傾向があります。首まわりの脂肪で呼吸しにくいこともあります。

完全室内飼いの犬…快適な温度や湿度に保たれた部屋で生活する犬は、その環境に慣れているので、暑さに弱い傾向があります。

出典:『いぬのきもち』2016年7月号「本当に怖い熱中症の真実」

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る