1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. みかんは犬が食べてもいい果物?食べさせるときに注意すること

みかんは犬が食べてもいい果物?食べさせるときに注意すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬はみかんを食べても問題ないのでしょうか?みかんは身近な果物として1年を通して多くの家庭で食べられているのではないかと思います。ここでは、そんなみかんの犬の健康に与える効果と食べさせるときの適量や注意することを解説します。

みかんの成分は犬の健康にどんな効果がある?

愛犬にみかんをあげたことがありますか?みかんの旬は11月〜2月ですが、1年を通して食べられる身近な果物なので、犬にも与えやすい食材です。みかんにはビタミンC、カロテン、βクリプトキサンチン、カリウム、水分、クエン酸、繊維質といった栄養や成分が主に含まれています。では、みかんに含まれる栄養成分が犬にどんな効果をもたらすのかについてご紹介していきます。

ビタミンC

みかんといえば「ビタミンC」が豊富に含まれているところが特徴です。みかんの可食部100gあたり約33mgのビタミンCが含まれています。ビタミンCは抗酸化作用を持ち、美肌効果や、アンチエイジングと呼ばれるような、からだのさまざまな機能の補助をします。最近では癌の抑制効果もあるといわれ、人間にも犬にも注目されているビタミンです。その他にもビタミンCは、犬の体内のコラーゲン生成、免疫機能の補助、感染症予防、ストレスの軽減にも役立ちます。
ただし、犬はビタミンCを体内で合成することができます。水溶性ビタミンと呼ばれるビタミンCは、必要以上に多く摂取すると、尿と一緒に排泄されてしまうため、過剰摂取は意味がないので注意してください。

カロテン

温州みかん*1の可食部100gあたり約180μgのカロテンが含まれています。緑黄色野菜に多く含まれるカロテンは、ビタミンAを合成する元となる成分で、みかんにも多く含まれており、抗酸化作用、免疫力を高める、皮膚や眼、粘膜の保護、ホルモン生成のサポートする働きなどがあります。カロテンは水溶性のビタミンで、ビタミンAへの変換は体の中(特に肝臓)での合成能力に依存しているため、カロテンを多く含む食材を与えてもビタミンAがより多く合成され、体にとってよい効果が得られるというわけではありません。
*1:一般的なみかんとして「温州みかん」を例に挙げています。以降「みかん」で表現を統一しています。

βクリプトキサンチン

βクリプトキサンチンはオレンジ色の色素で、天然のカロテノイドです。カロテノイドとは植物由来のビタミンAの1つで、必要に応じて体内で脂溶性のレチノールに変換されます。みかんの可食部100gあたり約1800μgのβクリプトキサンチンが含まれています。
βクリプトキサンチンは、みかんの中でも特にみかんに多く含まれることがわかっており、強い抗酸化作用、肝機能の向上、骨祖しょう症や癌の予防にも効果があるといわれています。みかんにはオレンジの約10倍のβクリプトキサンチンが含まれており、さらに糖度の高いみかんに、より多くのβクリプトキサンチンが含まれているとの研究報告があります。

カリウム

みかんの可食部100gあたり約150mgのカリウムが含まれています。カリウムはナトリウムとともに、犬の細胞内のpHや浸透圧の調整、神経機能の調整、体内の水分バランス整えるといった、多くの機能を維持する作用があります。犬の体内にナトリウムが増えたとき、カリウムが不足しているとナトリウムの排出ができなくなり、血圧が上昇しやすくなります。一般的にはカリウムには疲労回復があるといわれますが、足りなくなると体のさまざまな不調を生じるため、しっかりと摂取できるとよいでしょう。もちろん、過剰摂取は禁物ですが、犬が塩分を多く含むものを食べた、海で遊んで海水を多く飲んだといった際には、カリウムを積極的に与えるようにしましょう。

水分

みかんの可食部100gあたり約87.4gの水分が含まれており、みかんの成分の大半が水分になります。犬の健康やからだの機能を維持するために、水分は絶対に必要です。犬のからだを構成する成分の60%を占める水分を保つためには、常日頃からきちんと水分補給をさせなければなりません。特に暑い季節には、しっかりと水分を摂取させてあげるように心がけてください。
犬の1日に必要な水分量は体重の5〜7%です。首や肩のあたりの皮下脂肪を手でつかみ、放したときに、皮下の戻りが遅い場合や、歯茎を指で押したときにすぐにピンクの歯茎に戻らない場合は脱水状態の可能性が高いと考えてください。特に子犬の脱水状態は命に関わる問題となるので、こまめに水分補給を行うことを心がけましょう。

みかんには主に、抗酸化作用、皮膚や粘膜の保護、免疫機能向上、からだの水分バランスの調整、水分補給、抗がん作用、ホルモンの生成、ストレス軽減の効果があります。みかんは犬の健康に役立つ食材です。

適量はどれくらい?

ここまではみかんの成分と犬の健康についてご紹介しました。次に、犬にみかんを与える際の「適量」についてご説明してきます。

みかんを食べさせるときに注意すること

みかんに限らず、すべての果物に言えることですが「適量」を考えるのが大切です。厳密に考えるとすれば、愛犬が1日に必要なエネルギー量(カロリー)を計算し、普段与えるフードと、それ以外のおやつの合計でこのカロリーを満たすようにします。
みかんの可食部100gのカロリーで考えると、みかんの皮を剥くと現れる、薄皮に包まれた袋の部分をじょうのう(または小袋)といいますが、袋を食べない場合は45kcal、袋を食べた場合は46kcalとほぼ同じカロリーとなります。みかんをはじめとする果物は「おやつ」として考えていただくのが正しいです。みかんのカロリー自体は低いですが、犬に与えすぎないように注意しましょう。

外皮・薄皮・スジ・種は取り除く

みかんには食物繊維が含まれています。犬にみかんを与える際には、下痢や消化不良、嘔吐を起こさないためにも、消化しにくいみかんの外皮、袋部分の薄皮、スジ、種は取り除きましょう。外皮には農薬や防腐剤、つや出しワックスなどが塗布されている可能性がゼロではありません。みかんの外皮はしっかりと剥いてからあげましょう。袋部分の薄皮やスジ、種は犬が消化することができず、栄養学的に意味を成しませんので取り除いて与えましょう。

少量にとどめあげすぎない

犬にみかんを与える時は、少量にとどめておくのがよいでしょう。みかんは水分を多く含むため与えすぎると下痢を起こす可能性もあります。外皮・薄皮・スジ・種の消化しにくい部分を取り除いても、普段食べない食材を摂取することで消化不良や嘔吐を起こすことも考えられます。
また、みかんに含まれる果糖を多く摂取し続けると肥満につながります。さらに果糖は、通常のブドウ糖とは異なり、あまり血糖値をあげないため「甘いものを食べた」という体からのシグナルが発しにくいため、食べ過ぎに繋がります。犬種の大きさにもよりますが、みかん1〜2房程度の少量が適量と言えるでしょう。
みかんは「おやつ」としての位置づけですので、与えすぎると犬の健康に影響を及ぼすことを飼い主さんがしっかり認識することが大切です。どの食材においてもいえることですが、「何事もあげすぎはよくない」ということを覚えておいてください。

缶詰・ゼリー・ジュースなどの加工品は食べさせない

みかんにはさまざまな加工品があります。缶詰やゼリー、100%以外のジュースは人工甘味料や着色料、防腐剤といったさまざまな添加物を使っており、これらは犬にとって「必要ない」ものの宝庫です。特に人間用の加工品の糖の含有量は、犬が必要とする量をはるかに超えている場合も多いので、食べさせないようにしましょう。
みかんの缶詰などを「少しなら与えても大丈夫?」と悩まれる飼い主さんがいらっしゃるかもしれませんが、人間用の糖分が多いシロップ漬けの加工品を、あえて犬のおやつとして選択する必要はありません。

例えば人工甘味料の種類によっては、犬に有害なものもあります。飼い主さんがどうしても犬にみかんを使用した加工品を与えたい場合は、果汁を絞った砂糖を使用していない100%の手作りジュースやゼリーであれば少量与えても大丈夫です。

犬にみかんを与える際の注意点は、繰り返しになりますが、みかんはあくまで「おやつ」であり、「おやつとしての適量」を意識して、与え過ぎないように注意してください。人間用のみかんの加工品を与える必要と理由はありません。犬が消化不良や下痢を起こさないためにも、みかんの外皮・薄皮・スジ・種を取り除いて少量だけ与えましょう。

犬にみかんをあげても良いと知っている飼い主さんの割合は・・・?

いぬのきもち編集室で「犬はみかんをあげてもいいか、それとも悪いかご存知ですか?」といったアンケートを行ったところ(788名対象)、結果は以下のグラフの通りになりました。

個人的な感想としては、意外とみかんは食べちゃダメ!と思っていらっしゃる事が多い事に驚きました。酸味がある果物なので、あまりよくないのかな・・・と感じてしまうのかもしれませんね。

まとめ

みかんを剥いているところに犬がやってきたら、ついあげたくなる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。しかし実は、肉食傾向の強い犬の場合、酸味は肉の腐敗を意味するために好まないことも多いようです。
また、柑橘系の匂いを嫌って、くしゃみをする犬や、稀にアレルギーを持っている犬もいるので、愛犬の様子をみながら与えることをおすすめします。
あくまでも「おやつの代わりのミカン」という認識を忘れずに、程よく一緒に食べていただければと思います。

(参考:国立研究開発法人農業食品産業技術総合研究機構)

監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )

佐野忠士先生

※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※まいにちのいぬのきもちアプリユーザーアンケート、回答者数744名

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る