1. トップ
  2. 犬が好き
  3. エンタメ
  4. インスタグラム
  5. 譲渡会で出会った臆病な野犬の子犬。家族になってもうすぐ3年、「たくさんの嬉しい変化」に喜びを実感

犬が好き

UP DATE

譲渡会で出会った臆病な野犬の子犬。家族になってもうすぐ3年、「たくさんの嬉しい変化」に喜びを実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろんなきっかけや思いがあって、「犬を家族に迎えよう」と決意した人もいます。

笑顔が可愛い華ちゃん
@hanamaruhana24

Instagramユーザーの@hanamaruhana24さんもそのひとり。保護犬だった華ちゃん(♀/取材当時3才)を家族に迎えるにあたり、飼い主さんはある強い思いがあったのだそうです。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、華ちゃんとの出会いや今の暮らしなどについて、飼い主さんに2回に分けて(2021年3月/2022年4月に取材)お話を伺いました。

「保護犬を家族に迎えたい」という思いを実現させたかった

譲渡会のときの華ちゃん
譲渡会のときの華ちゃん。当時の名前は鼓(つづみ)ちゃん。
@hanamaruhana24

子育てが一段落した頃、「これからは自分の一番やりたかったことをやろう」と思うようになったと話す飼い主さん。犬と暮らした経験のある飼い主さんは、「保護犬を家族に迎えたい」とずっと思っていたそうで、意を決してご主人に相談してみることに。

犬と暮らすのが初めてだというご主人は、保護犬を迎えることに多少の不安があったものの、飼い主さんの思いを理解してくれたのだそう。そしてご家族は、家に迎えるコを探すことにしたのでした。

笑顔が可愛い華ちゃん
@hanamaruhana24

いくつもの保護団体のホームページを見たり、保護犬を飼っている友人に譲渡会に誘ってもらったりするなかで、飼い主さんは茨城県にある保護団体にいたコに目が留まったといいます。

飼い主さん:
「お耳の垂れた、生後4カ月の可愛い男のコの子犬を見つけました。でも、『私にこのコを幸せにできるのか』と急に怖くなって…連絡フォームに入力できなくなってしまったんです。そして迷うこと1カ月、そのコの里親さんが決まってしまいました」

見つめる華ちゃん
@hanamaruhana24

それからまた、保護犬の情報が載っているホームページを見る日々が続くことに。なかなか一歩が踏み出せなかった飼い主さんですが、この状況を変えようと「とにかく会いに行ってみよう」と思うようになったのだそう。

そして、再び足を運んだ譲渡会で華ちゃんと出会ったのです。

フセをする華ちゃん
@hanamaruhana24

飼い主さん:
「行く前にホームページで気になるコをチェックしていたのですが、私の心を掴んだのはそのコではなく、鼓(つづみ)こと、華でした。なんか我が強いというか、芯があるというか。とてもヤンチャということは聞いていたのですが、『このコと暮らしたい』と私の心は決まっていましたね」

華ちゃんのことを幸せにしたいと思った飼い主さんは、華ちゃんを家族に迎えることを決め、新しい生活をスタートさせたのでした。

華ちゃんなりのペースで、家での生活に慣れていった

ヘソ天する華ちゃん
@hanamaruhana24

一緒に暮らしてわかった華ちゃんの性格は、優しくて慎重な面があるということ。そんな華ちゃんを見ていると、飼い主さんは「犬らしいな」と感じるのだそう。

しかし、野犬だった母犬やきょうだい犬とともに保護された華ちゃんは、家に迎え入れた当初は、突然の生活の変化になかなか慣れなかったといいます。

飼い主さん:
「人間の家族との暮らしに突然放り込まれ、華はきっと怖かったんだと思います。最初の半年は、ちょっと怖いと脱糞やお漏らしをしてしまうことがありました。でも、我が家の暮らしに彼女なりに馴染もうと、ゆっくりと近づいてくれています」

くつろぐ華ちゃん
@hanamaruhana24

初めはケージから出てくれずに引きこもりがちだったという華ちゃんですが、少しずつ家の中での自分のテリトリーを広げていったのだそう。そして、家が安心できる場所だと知った華ちゃんは、お腹を出してくつろげるまでに。

飼い主さんご家族に甘えたり、おもちゃを持ってきて「遊びたい」と静かにアピールしたりと、自分の感情を表に出せるようにもなったようです。

華ちゃんのおかげで笑顔が増えた

舌をぺろっとする華ちゃん
@hanamaruhana24

華ちゃんの成長や変化を日々感じている飼い主さんは、華ちゃんへの思いをこのように話してくれました。

飼い主さん:
「華を家族に迎えて、とにかく私は笑顔が増えました。散歩から帰ってきて足を洗った後にバスタオルで拭くとき、必ず私のことをなめてくれること。お父さんのことはまだまだ苦手だけれど、ソファに座ってるときにお父さんの足をペロリとなめてくれること。華が気持ちを表してくれる瞬間が、飼い主の至福のときです」

飼い主さんは、「これからも華が健やかで安心して暮らせるように頑張りたい」と、思いを話していました。

【華ちゃんのその後に迫る】前回の取材後、どのような日常を送っているのかを聞いた

お散歩を楽しむ華ちゃん
@hanamaruhana24

前回の取材から、1年が経過しました。飼い主さんに改めてお話を伺うと、華ちゃんにさまざまな嬉しい変化が見られたといいます。

——前回の取材以降、華ちゃんに何か変化などはありましたか?

飼い主さん:
「華はますます家庭犬らしくなり、お友達大好き、お友達のパパさんママさんが大好きで、お散歩のたびにみなさんになでてもらってオヤツをもらっています。

周りのみなさんのおかげで、華は人を好きになれました。私も華と一段と絆を深められていると思います」

華ちゃんとお父さんの関係性に変化が!

くつろぐ華ちゃん
@hanamaruhana24

——その後、華ちゃんとご主人の関係性に変化があったそうですね。

飼い主さん:
「お父さんは最初の頃から華に避けられ、触れば華は脱糞やビビリション…。さまざまな洗礼を受け、お父さんはすっかり自信をなくしてしまい、華を迎えたときから時が止まっているようでした。

もちろん一緒にお散歩やお出かけをしたり、オヤツも毎日あげたりしていましたが、華は頑なでふたりの距離はなかなか縮まらなくて。

『犬はなつくもの』と思っていたお父さんはショックだっただろうし、私もその気持ちがわかるので、無理強いもできずにいたんです」

お父さんとお散歩をする華ちゃん
@hanamaruhana24

飼い主さん:
「ところが『今のままでは何も変わらない』と、お父さんはやっとやる気を出してくれて。少し前から、毎朝散歩の準備から、帰って足を洗ってごはんをあげるまでを積極的にやるようになりました。

最初の3日くらいは、華は脱糞とビビリションを交互にしていましたが、お父さんはそれにも動じずに華と向き合っていて。4日目のお散歩に行く前には、だいぶ早くハーネスを装着できるようになりました。

お父さんの頑張りもあり、華はお父さんの近くに来て座ったり、座っているお父さんの足をなめにきたりすることが増え、少しずつふたりの関係性に変化が見られたんです」

お父さんとお散歩をする華ちゃん
@hanamaruhana24

——華ちゃんにとってもご主人にとっても、とても嬉しい変化ですね。

飼い主さん:
「お父さんと華は、これからがスタートです。今はまだ始まったばかりですが、華とお父さんの未来は明るいです! とにかく前に進むのみ!

前向きになってくれたお父さんと、それを怖がりながらも向き合ってくれている華に、感謝の気持ちでいっぱいです」

お散歩を楽しむ華ちゃん
@hanamaruhana24

——改めて、華ちゃんと過ごす日々をどのように感じているか、思いを聞かせてください。

飼い主さん:
「華との暮らしは順調とはいえないスタートでしたが、華は出会ったときから私たち家族にかけがえのない幸せを与えてくれています。これからも小さな変化を大切にしながら、華と楽しく暮らしていきたいですね」

写真提供・取材協力/Instagram(@hanamaruhana24さん)
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る