1. トップ
  2. 危険な食べ物

危険な食べ物

犬が食べてはいけない食べ物についての記事です。ネギやチョコレートなど絶対に与えてはいけないものから量や与え方の工夫が必要な物まで、野菜、果物、肉など食材別にピックアップ。愛犬の健康を守るために必読です。


※判定の見方

少量なら与えても害はない少量で、かつたまに与える程度ならば大丈夫です。

与えるならば注意が必要。与えすぎると下痢や体調不良の原因になります。分量をしっかり守って。
×
与えると命にかかわることもあるので与えないで。犬が食べると中毒を起こしたり、健康を害することがあります。

その他
※食べ物を与えるときは、のどに詰まらないよう、細かく切るなど下処理をしてから与えてください。
※○△×の判定や量の目安は、ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)などの最新の中毒報告等を加味して制作しているため、「いぬのきもち」本誌掲載の類似企画と異なる場合があります。
※どんな食べ物でもアレルギー症状を引き起こす可能性はあります。愛犬に与えて異変が出たら、ただちに与えるのをやめて、獣医さんに見てもらいましょう。
※問題のない食べ物でも、初めてだと下痢をしたり発心をおこしたりすることも。様子を見ながら少しずつ与えましょう。
※〇×△の判定がある食材でも、加熱と非加熱で変わることもありますので、十分注意してください。

記事監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )

50音順に探す

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

与えてはいけない食べ物

与えると命にかかわることもあるので与えないで。犬が食べると中毒を起こしたり、健康を害することがあります。

ジャンル 食材
魚介類 イカイカ
うにうに
エビエビ
カキカキ
かにかに
ししゃもししゃも
しらすしらす
タコタコ
ほたてほたて
果物 いちじくいちじく
グレープフルーツグレープフルーツ
ドライフルーツドライフルーツ
ぶどうぶどう
プルーンプルーン
レモンレモン
飲み物 アルコールアルコール
コーヒーコーヒー
野菜 アボカドアボカド
ぎんなんぎんなん
ごぼうごぼう
玉ねぎ玉ねぎ
とろろいもとろろいも
なすなす
にらにら
にんにくにんにく
ネギネギ
肉類 ソーセージソーセージ
肉類(生)肉類(生)
ハムハム
ベーコンベーコン
その他 卵(生)卵(生)
チョコチョコ
わかめわかめ

与えすぎると心配な食べ物

与えるならば注意が必要。与えすぎると下痢や体調不良の原因になります。分量をしっかり守って。

ジャンル 食材
魚介類 うなぎうなぎ
のりのり
ぶりぶり
果物 さくらんぼさくらんぼ
デコポンデコポン
パイナップルパイナップル
ブルーベリーブルーベリー
マンゴーマンゴー
桃
ライチライチ
野菜 アスパラガスアスパラガス
きのこきのこ
しょうがしょうが
とうもろこしとうもろこし
ピーマンピーマン
ほうれん草ほうれん草
もやしもやし
炭水化物 うどんうどん
そばそば
パスタパスタ
パンパン
飲み物 牛乳牛乳
その他 卵(加熱)卵(加熱)
チーズチーズ
ひじきひじき

与えても大丈夫な食べ物

少量なら与えても害はない少量で、かつたまに与える程度ならば大丈夫です。

ジャンル 食材
魚介類 あじあじ
かれいかれい
さけさけ
さばさば
さんまさんま
タイタイ
たらたら
まぐろまぐろ
果物 いちごいちご
柿
キウイキウイ
栗
梨
バナナバナナ
みかんみかん
メロンメロン
りんごりんご
野菜 枝豆枝豆
カブカブ
かぼちゃかぼちゃ
キャベツキャベツ
きゅうりきゅうり
グリーンピースグリーンピース
さつまいもさつまいも
じゃがいもじゃがいも
スイカスイカ
セロリセロリ
大根大根
トマトトマト
にんじんにんじん
白菜白菜
パセリパセリ
ブロッコリーブロッコリー
レタスレタス
炭水化物 ごはんごはん
肉類 肉類(加熱)肉類(加熱)
その他 豆腐豆腐
はちみつはちみつ
ヨーグルトヨーグルト

記事監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )
博士(獣医学)東京大学。
所属学協会:獣医麻酔外科学会、日本麻酔科学会、日本獣医学会、神奈川県獣医師会、動物臨床医学会、日本獣医画像診断学会、日本動物病院福祉協会、日本獣医がん研究会、動物リハビリテーション研究会。
著書:「犬と猫のリハビリテーション実践テクニック―ひと目でわかる理学療法の必修ポイント!!」(インターズー)、「動物医療チームのための痛みのケア超入門(as BOOKS)」(インターズー)など多数。

人気テーマ

危険な食べ物に関連するタグ