1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 八ヶ岳に土地を〜その1【穴澤賢の犬のはなし】

八ヶ岳に土地を〜その1【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八ヶ岳に土地を〜その1

いぬのきもちweb

少し前に、今年はある計画を実行しようと思っていると書いた。今回から数回に渡って、その計画の全貌をこれまでの経緯を報告しようと思う。

いぬのきもちweb

かねてから「50歳までには山に家を建てたい」というのが、ひとつの目標だった。それは大吉と福助のためを思ってのことなのだが、山へ行けば目を輝かせている彼らもきっと喜んでくれるだろう、と思っていた。私は今年の6月で46歳になり、ここへ来てあと4年で実現できるだろうかと考えるようになった。

いぬのきもちweb

山とはいえ、土地がそんなに安くないことは知っている。どんなに安くても数百万はするだろう。仮に土地を買えたとしても建物が必要になる。そうすると、金額はもっと膨れあがる。それをあと数年で用意できるだろうか。そこでふと気がついた。

いぬのきもちweb

もし仮に、なんとか50歳までにお金が用意できたとして、その上いい物件を見つけて手に入られたとして…そのとき福助は7才、大吉は10才を過ぎている。はたして10才を過ぎて、大好きな山を走り回れるだろうか。どうせなら、もっと若いうちに実現できないものか。そう考えるようになった。

いぬのきもちweb

その結果、土地と建物を一気に手に入れようとするのではなく、まずは土地だけでも手に入れて、あとはそこで車中泊でもキャンプでもなんでもすればいいのではないかと思うようになった。それなら、予定を少し早めることができるのではないだろうか、と。

いぬのきもちweb

そこであることを思いつく。少し前に知り合いの編集者が『週末移住からはじめよう』という本に携わっていたことを知っていたので、その著者を紹介してもらえないかと思ったのだ。著者は友枝康二郎さんという方で、実際に週末移住からはじめ、今では長野県の八ヶ岳に定住しており、ライフスタイルデザイナーとして移住の相談にも乗ってくれるらしい。

いぬのきもちweb

そこで、編集者経由で友枝さんにコンタクトをとったのが、今年2月。ただ、この時点ではまだまだ先の話だと考えていた。ところが、事情を話すと友枝さんから「とにかく、今(2月)の八ヶ岳を見に来てください。今が1年で一番厳しい時期なので、移住を考えるなら実際に見ておいて欲しいのです」と言われた。そこで、急遽八ヶ岳に行くことになる。それが『福ちゃん、はじめて雪を見る』のときだ。

いぬのきもちweb

こうして、あれよあれよという間に、私たちの土地探しは始まったのだった。
(つづく)

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る