1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 愛犬からの健気で可愛い「大好き!」サイン、気づいてますか?

愛犬からの健気で可愛い「大好き!」サイン、気づいてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ部屋でのんびりしているとき

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

大好きサイン

愛犬と同じ部屋でくつろいでいるときに、愛犬と視線が合うと見つめ返してくることがあります。これは愛犬の「飼い主さんのことが大好きです」のサイン!犬はもともと、相手と視線を合わせることが得意ではありません。

しかし、相手が大好きな飼い主さんなら、視線が合うことで愛犬の喜びは増し、飼い主さんへの期待が高まることで思わず見つめ返してきます。そのかわいらしさにいつまでも見つめ続けたくなりますが、あまりに長い時間だと愛犬は緊張してしまいます。アイコンタクトは、2~3秒がちょうどよいでしょう。

ツンデレサイン

愛犬は、飼い主さんを見つめ続けるなど積極的に「好き」をアピールしてくることもあれば、一見そっけないふりをすることもあります。そんなツンとした態度でも、よく見れば飼い主さんに好意的な感情を持っていることが分かることがあります。

たとえば、座っている飼い主さんの足元でフセをしているとき。特に飼い主さんになでてもらうことをねだるのでもなく、足元でじっと過ごしているのは、飼い主さんとの信頼関係が出来ているからこそ。飼い主さんの存在を近くに感じて安心し、寄り添っていたいからなのでしょう。愛犬が足元でおとなしくしていたら、飼い主さんも優しく声をかけて、愛犬を近くに感じていることを伝えてあげましょう。

帰宅したとき

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

大好きサイン

大好きな飼い主さんが帰宅したときに愛犬がしっぽを振って迎えるのは「飼い主さんが帰ってきて嬉しい!安心したよ!」と感じているサインです。中にはしっぽを振るだけでは喜びを隠しきれず、思い切り走り回って体全体で感情をアピールする犬もいます。

嬉しいことがあると犬は表情をほころばせ、瞳をキラキラと輝かせます。こんな風に出迎えられたら、いつでも真っ先に家に帰りたくなりますね。喜びいっぱいであまりにも興奮気味な愛犬には、一度「おすわり」などの指示を出して落ち着かせてあげましょう。そして落ち着いたら、「おいで」と声を掛けてあげます。こうして飼い主さんとコミュニケーションをとることで、愛犬もさらに満足するでしょう。

ツンデレサイン

体全体で大好きをアピールする犬がいる一方で、少し違った反応を見せる犬もいます。たとえば、帰宅した直後は自分の居場所から動かずに、飼い主さんに目線を向けるだけという場合もあります。これは、帰宅直後の飼い主さんは忙しく、「一緒に遊べる楽しい時間はもう少しあとになってから」ということを理解しているからと考えられます。

飼い主さんの生活パターンをよく知っているからこそできる落ち着いた態度。そんな健気な愛犬には、お利口に待っていてくれた感謝を込めて、用事を済ませたあとにお散歩や遊びなどで一緒に楽しい時間を過ごしてあげてくださいね。飼い主さんも楽しく遊ぶ愛犬の姿を見て、一日の疲れがきっと癒されるでしょう。

犬も人と同じように、積極的な子や控えめな子がいます。それぞれの個性を大事にし、愛犬が飼い主さんに見せるサインをキャッチできたら絆はもっと深まるはず。コミュニケーションをたくさんとって、飼い主さんからも愛情を伝えましょう。

出典/「いぬのきもち」17年4月号『愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:獣医師
増田宏司先生)
文/kate
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る