1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 「犬は家族を順位付けしている」ってホント?犬の習性にまつわる噂話を検証してみた

「犬は家族を順位付けしている」ってホント?犬の習性にまつわる噂話を検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見つめるポメラニアン
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

世の中でいわれている犬の「習性」について、ホントなのかウソなのか、わからないことってありますよね。

よく「犬は家族を順位付けしている」(お母さんが一番で、お父さんは最下位など)と聞くけれど、これは正しいのでしょうか?

約6割の飼い主さんが「犬は家族を順位付けしている」と思っている

いぬのきもちweb編集室では、飼い主さん231名に「愛犬は家族を順位付けしているか」に関してアンケート調査を行ないました。

その結果、約6割の飼い主さんが「愛犬は家族を順位付けしている」と回答したのです。

円グラフ

飼い主さんたちのお話を一部紹介すると……

・「ママに対してだけ、喜び方が違う」


・「相手によって帰宅時の喜ぶ態度が違うから」


・「お母さん一番、お姉ちゃん二番、おばあちゃんしもべ、お父さんしもべ以下」


・「何事にも私に確認するようなことが多い。たとえば、主人が『散歩だよ~』と声をかけると、必ず私のところに来て、『いいよ~』というまで行こうとしない」


・「私が呼べばすぐ来るけど、主人が呼ぶと一回は無視する」


・「パパがいる日は私が呼んでも見向きもせず、ひたすらパパの側にいて離れません。きっとパパが一番なんです」


このように、飼い主さんたちから順位付けにまつわるさまざまなエピソードが寄せられていますが、じつは……

犬は家族を順位付けする→ウソだった!

見つめる柴犬
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

「初めて飼い主さんのいぬのきもち」(2018年3月号)では、犬が家族を順位付けするかどうかについて、「しない」と解説しています。

犬にとっては上下関係というよりも、「頼れるかどうか」が重要なのだとか!

「かつて"群れで生きる動物には序列があり上下関係や順位がある"という概念がありましたが、犬にとって相手が自分より上か下かという意識はありません。

ただし、家族に対して『この人のもとでは安心できる』『この人は頼りにならない』といった、頼りになる/ならない、安心できる/できない存在として認識していることはあうようです」
(引用:「初めて飼い主さんのいぬのきもち」2018年3月号『犬の習性 コレってホント? ウソ?』p.38より)

「愛犬に順位付けされてる」と勘違いしていた飼い主さんは、ちょっと安心したでしょうか。順位付けはしないけれど、人のことをよ〜く見ているようですね!

犬は損得を考えて態度を変えることも!

眠る柴犬
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

また、飼い主さんのエピソードの中でこのようなこともありました。

・「言うことを聞く人、聞かない人がいる。何かあると、優しい人のところに逃げてくる。何かあると、都合のいい人のところに行く。ゴハンのときは、よくご飯粒をくれる母のところへ。眠いときは、よくなでてくれる父のところへ。遊んでほしいとき、歯磨きガムが食べたいときは私のところと、人をうまく使いこなしている」

これは実際にあることのようで、前述の「いぬのきもち」(2018年3月号)では、下記のように説明しています。

「いつもゴハンをくれる人の言うことは聞く、など相手によって態度が変わるのは『自分にとってどのような損得があるか』を考えて行動しているからといわれます」
(引用:「初めて飼い主さんのいぬのきもち」2018年3月号『犬の習性 コレってホント? ウソ?』p.38より)

見つめるチワワ
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

ちょっぴりずる賢いようなところも、またかわいい! 犬の習性は、とっても奥深いのでした。

『いぬのきもちアンケート vol.29』
引用/「初めて飼い主さんのいぬのきもち」2018年3月号『犬の習性 コレってホント? ウソ?』p.38より
(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科(伴侶動物学研究所)教授、獣医師、獣医学博士 増田宏司先生)
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る