1. トップ
  2. 犬が好き
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. うんちをする前にくるくる回る…なぜ? 犬が見せる「謎儀式」の真相は

犬が好き

UP DATE

うんちをする前にくるくる回る…なぜ? 犬が見せる「謎儀式」の真相は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うんちをする前にくるくる回ってしまう…という犬を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

「愛犬がうんちをする前にくるくる回る」と答えた飼い主さんは約8割!

いぬのきもちWEB MAGAZINE 犬の生態に関するアンケートvol.02
いぬのきもちWEB MAGAZINE 犬の生態に関するアンケートvol.02 208件の回答

今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん208名に「犬がうんちをする前に、くるくると回る儀式のような行動を見せることがあるか」というアンケート調査を実施。その結果、飼い主さんの約8割がそうした愛犬の行動を目撃していることが明らかになりました。

飼い主さんが目撃! 愛犬のうんち前の「くるくる回る儀式」とは?

おトイレ中のポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

そこで飼い主さんたちには、どんなときに、どんなところで、どのように回るのかなど、「愛犬がくるくるしているときの状況」についてくわしく聞いてみました!

くるくる回りながら…

・「突然、トイレに行ってうなりながらくるくるします。何か急いでいるような、急かされているような感じです」

・「クルクル周りながらなぜか前進しながら、うんちをします(笑)」


くるくる回る前に…

おすわりする柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

・「だいたい食後にダッシュしてから、トイレシーツの上で飼い主の方を見ながらクルクルします」

・「うんちをする少し前からがに股で早歩きになって、場所が決まるとその場で2、3回回ります」

・「大体、朝のオシッコが終わって暫くすると、またトイレに行きクルクル回り、10回転位するとようやく位置が決まるようでうんちをする」

・「くるくる儀式を始める前に、唸りながら床に体をすりつける。その後、走ってトイレまで行き自分のうんポジを見つけるかのようにくるくる儀式が始まる」

・「外ではした事ないのですが、自宅ではまずだいたい、エヘッという感じの舌を出して笑顔で見てきて、いきなりリビング中を猛ダッシュで周回し始めます。何周かグルグルリビングダッシュした後に尻尾を追いかけるようにその場でグルグル回転し、ピタッと止まったかと思えばケージのある部屋のトイレコーナーへダッシュして行き、何度か出入りして整ったら体を伸ばして立って排泄始めるという感じです」


こだわりがあるコも

・「公園で、色んな匂いが気になってるのか…ここだと決まるまで、結構ぐるぐる回ってる時がある」

・「うんちをしたい時に、草の上など特に柔らかい場所で、何回か回って確かめてからうんちをする。うんちの場所はそんなに決まっていないが、好みそうな場所は予想がつく」

・「ドッグランで思いっきり走った後や、お友だちに絡んで興奮した後。今の季節、落ち葉が溜まったところがお気に入り」

・「草の生えてる所か芝生の所に来ると肛門が開きクルクル回ってウンチングスタイルになります」


家と外だと行動に違いがあるコも

見つめるカニーンヘン・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

・「外では歩いていていきなりうんちスタイルになるけど、家だとトイレで右に行ったり左に行ったりクネクネしてからうんちスタイルになる」

・「便意をもよおし、場所が決まるとそこで、自分の尾を追いかけるようにクルクル回る。家のトイレでも、トイレトレーの上でクルクル回るが、散歩中の時の方が回転数も多く、スピードも速い。2匹いるが、やるのは1匹だけ」


【獣医師が解説】犬がうんちの前にくるくると回ることがあるのはなぜ?

見つめるトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「くるくる回る儀式」といっても、するタイミングや場所、細かな動きなどはさまざまなようです。また、多頭飼いをしている家庭では、するコとしないコがいるといった声も。

とっても不思議ですが、犬がうんちの前にくるくると回ることがあるのはなぜなのでしょうか。 気になる疑問について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬がうんちの前にくるくる回る理由

元々、犬は自分が何かをしようとする場所を決める際に、その場所を確かめようとする習性があります。たとえば、寝床で横になろうとするときや、おすわりをする際などにもその場所のニオイを嗅いだり、周りをくるくる回ったりすることがあります。

便をする際にも、地面の様子を確認したい気持ちで回ってしまうのではないかと思います。

うんちの前にくるくる回りがちな犬の傾向

どちらかといえば、あまり怖がりではない犬や、遊びなどに熱中しやすい犬、マイペースな犬などでその傾向があるように思います。

便意を感じて「さあ、場所を選ぶぞ!」という気持ちが強くなり、集中している状況なのかもしれませんね。

うんち前に見られる犬の個性的な行動の数々のワケ

お散歩中のミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんのアンケートのエピソードを見ると、どのコも個性的な動きをしていますね。くるくる回ることは場所を定める本能的な行動のひとつですが、それ以外の行動については排泄することに対する犬自身の気持ちや、トイレトレーニングの中で学んだことなどが関わっていると考えられるでしょう。

たとえば、排泄前には少しソワソワしがちなので、つい不思議な動きをしてしまうこともあるかもしれません。また、排泄後にスッキリした爽快感から少し興奮気味になったり、嬉しい気持ちではしゃぐ素振りが見られることもあるでしょう。

うんちをする場所を決めるためにくるくるしていたのに、回ることに夢中になってしまうことも

見つめるパグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

また、犬は床堀りの動きや、退屈なときに見せる足裏舐めなどの「繰り返しの行動」に夢中になりすぎることもあります。そのため、排泄場所を決めるために回っていたはずが、つい回ることそのものに夢中になってすごい勢いになってしまったり、唸り声が出てしまうコもいるのかもしれません。

また、上手にトイレで便ができたときに、「偶然くるくる回って場所を定めたり、特定の行動をしたらうまくできて、飼い主さんにたくさん褒められた」などの経験をした犬もいることと思います。

すると、そこから学習して「便をする場所を決めるときにものすごく回る」「便をするときに飼い主さんをじっと見る」「トイレでするときだけ、くるくる回る」など、排泄の際にその犬なりの特定の手順をするようになる可能性もあると思います。

これらの行動は、一見すると便をすることとは直接関係のないような行動に思えるかもしれませんが、愛犬なりに身に着けたスッキリ排便するための一連の作法のようなものなのかもしれません。

うんちの前にする「くるくる」 問題行動の場合もあるので注意

見つめるヨークシャー・テリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

先述のように、犬はくるくる回ることだけでなく、「床堀りの動き」や退屈なときの「足裏舐め」などの繰り返しの行動に夢中になり過ぎてしまうことがあります。

「くるくる」も含め問題のない繰り返し行動の場合は、「オイデ」などの声掛けや、音の鳴るおもちゃで誘うなどの楽しいことで気をそらして行動を遮ると、そのあとは続かなくなることが多いです。

一方で、常同行動などの精神的ストレスが伴う強迫観念などから繰り返し行動をしている場合には、遮ってもやめずに自分の体を傷つけてしまう状況に至ることもあります。

たとえば、「くるくる回る行動」であれば、回るだけでなくしっぽをかじって傷つけたり、舐める行動であれば皮膚がただれて腫れるほど舐め壊したり、穴掘り行動であれば指や爪が傷むほど繰り返すことがあります。

もし気になる行動があれば、かかりつけの病院に相談しましょう。


『いぬのきもちWEB MAGAZINEアンケート 犬の生態に関するアンケートvol.02』
(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る