1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護犬
  5. 7年間繁殖犬として過ごした犬→大切な家族ができ笑顔いっぱいの第2の犬生を歩んでいた

犬が好き

UP DATE

7年間繁殖犬として過ごした犬→大切な家族ができ笑顔いっぱいの第2の犬生を歩んでいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「繁殖犬としてだけ生きてきて、外の世界を知らないまま役目を果たし、一生を終えてしまう犬たちがいる現実を知りました。伶音は保護されて、幸せの第一歩を踏み出すことができたんです」

見つめる伶音ちゃん
@cooky_reon

こう話すのは、元繁殖犬・伶音(れおん)ちゃん(ミニチュア・ダックスフンド/9才・♂)の飼い主さん。とあるブリーダーから保護された伶音ちゃんは、保護犬カフェにいたときに今の飼い主さんと出会うことができました。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、伶音ちゃんとの出会いや今の暮らしについて、飼い主さんに2回に分けて(2019年6月/2021年3月に取材)お話を伺いました。

先代犬が繋いでくれた伶音ちゃんとの出会い

先代犬・クッキーちゃん
先代犬・クッキーちゃん
@cooky_reon

伶音ちゃんと出会う前、飼い主さんの家には先代犬・クッキーちゃん(ミニチュア・ダックスフンド)がいました。クッキーちゃんが亡くなり、つらく悲しい毎日を過ごしていたときに、飼い主さんは「保護犬」について調べるようになったのだそう。

そして、保護犬カフェのInstagramで伶音ちゃんの写真を目にしたのです。

保護された頃の伶音ちゃん
保護された頃の伶音ちゃん
@cooky_reon

写真を見て伶音ちゃんのことが気になり、飼い主さんはすぐに会いに行きたい気持ちでいっぱいに。でも当時、ご主人が単身赴任中ということもあってなかなか話が進まなかったのだそう。

家に迎えた頃の伶音ちゃん
家に迎えた頃の伶音ちゃん
@cooky_reon

飼い主さんは当時の気持ちを、このように話します。


飼い主さん:
「お空にいるクッキーが、伶音と私を繋いでくれたのだと思います。もし、赤い糸で繋がっているのなら、ママがお迎えに行ける日まで待っていてね! と毎日を祈りながら過ごしていましたね」


そんなある日のこと。飼い主さんの祈りが通じたかのように、急遽ご主人が単身赴任から帰ってくることになったのです。保護犬カフェにいる伶音ちゃんの写真を見てから3カ月後、飼い主さんご家族は伶音ちゃんと対面し、家に迎え入れることを決めたのでした。

自然と「れおん」というイメージが湧いてきた

まったりする伶音ちゃん
@cooky_reon

繁殖犬時代、名前がなかった伶音ちゃん。保護犬カフェでは「スカイ」という名前で呼ばれていたのだそう。


飼い主さん:
「初めて会った帰り道、抱っこしたときの感触やかわいいお顔などが忘れられずにいたときに、自然と『れおん!』というイメージが湧いてきたんですよね」

そして、「健康に恵まれ、順調な犬生を送れますように」「これからの毎日が楽しいことだけを見たり、楽しい音だけを感じられますように」との願いを込めて、飼い主さんは「伶音」という漢字を選んだのでした。

伶音ちゃんの幸せが、飼い主さんの幸せに

見つめる伶音ちゃん
@cooky_reon

家に来た当初の伶音ちゃんは、お散歩中に人やほかの犬に会うと固まって動けなくなったり、物音に怯えてしまうことがあったそう。おもちゃにも興味を示さず、音が鳴るおもちゃにはびっくりして逃げてしまうこともあったといいます。

ぐっすり眠る伶音ちゃん
@cooky_reon

臆病な面がある伶音ちゃんでしたが、一緒に過ごすなかで人に対してはそれほど抵抗がなくなったようで、今では撫でてもらうのが大好きに! 飼い主さんが寛いでいると近くに寄って来て、ゴロンとお腹を見せて「撫でて~撫でて~」と甘えてくるそうです。

飼い主さん:
「伶音が安心してスヤスヤ寝ている姿、そして『れお~ん』と名前を呼ぶと振り向いてくれたり、ダダダーッとしっぽを振りながら駆け寄って来てくれたときに、幸せを感じます。伶音が幸せと感じていてくれることすべてが、私の幸せです」

伶音ちゃんに二度とつらい思いはさせたくない

お出かけを楽しむ伶音ちゃん
@cooky_reon

伶音ちゃんは保護される前の飼育環境のせいか、重度の歯周病を抱えていました。そのせいで、食欲不振になったり、おもちゃを口にくわえて遊ぶことができないこともあったのだとか。

しばらくしてから、手術の立ち会いができる歯科専門の病院で、伶音ちゃんは治療を受けることに。手術をしてから、伶音ちゃんは食欲旺盛でとっても活発になったのだそうです。

お出かけを楽しむ伶音ちゃん
@cooky_reon

飼い主さん:
「手術を見守りながら、『伶音ともっと早く出会っていれば…』と悔しい気持ちで涙が出ました。伶音には二度とつらい思いはさせたくありません。残された伶音の歯をしっかり守り、伶音がいつも笑顔でいられるように、これからも一緒に過ごせる時間を大切にして、たくさんの愛情を注いでいきたいです」

今まで知らなかった世界を、たくさん見せてあげたい

お出かけを楽しむ伶音ちゃん
@cooky_reon

伶音ちゃんと家族になって、一緒に出かける楽しみができたと話す飼い主さん。週末になると、伶音ちゃんと一緒に遊びに行ける場所を調べては、お出かけしているそうです。


飼い主さん:
「伶音が今まで知らなかった世界、海、山、湖、雪、お花見などの美しい自然を一緒に楽しんでいます」

【伶音ちゃんのその後に迫る】前回の取材後、どのような日常を送っているのかを聞いた

笑顔の伶音ちゃん
@cooky_reon

前回の取材から約1年10カ月が経過します。現在の伶音ちゃんとの暮らしなどについて飼い主さんにお話を伺ってみると、伶音ちゃんに嬉しい変化がたくさんあったといいます。

いろんな表情を見せてくれるように

笑顔の伶音ちゃん
@cooky_reon

——前回の取材後、伶音ちゃんになにか変化はありましたか?


飼い主さん:
「まず思い浮かぶのが、自分の感情を表に出せるようになったということです。最初から甘えん坊の一面は見せていたのですが、お人形さんのようにおとなしい印象でした。今では、嬉しいときや楽しとき、寂しいときや不安なときなど、いろんな感情を表してくれるようになりました」

——とても嬉しい変化ですね!


飼い主さん:
「大好きなお出かけ前は、部屋中を走り回ってしっぽをフリフリしたり、ひっくり返って全身で喜びを表現したり。私がかまってあげないときは、低い声でモゴモゴと文句を言ったりもします。

家族が帰宅すると本当に嬉しそうに喜びの舞を披露してくれたりと、上手なお喋りや動きでいろんな表情を見せてくれるようになりましたね」

伶音ちゃんの優しさを感じる出来事が

優しく見つめる伶音ちゃん
@cooky_reon

——伶音ちゃんと過ごすなかで、なにか印象に残っている出来事はありますか?


飼い主さん:
「お散歩中やドッグランなどで初めてお会いする飼い主さんに、『うちのコはほかの犬が苦手ですぐに吠えたり逃げたりするのに、伶音ちゃんにはこんなに上手にご挨拶できて…こんなことは初めてです』『伶音ちゃんは優しいコなんですね』などと、とても嬉しい言葉を続けていただいたことがありました。

これこそが、伶音が生まれ持った優しい性格の表れなのかなと思っています」

——とても素敵なエピソードですね。


飼い主さん:
「うちのコになって、もうすぐで2年8カ月になります。繁殖犬としてつらい日々を過ごしていた7年という歳月をまだまだ越えることはできませんが、それでもほかのお友達に優しく接してあげられるのは、伶音の魅力のひとつだと思います」

伶音ちゃんを全力で守り、幸せにしてあげたい

くつろぐ伶音ちゃん
@cooky_reon

——改めて、飼い主さんご家族にとって伶音ちゃんはどのような存在ですか?


飼い主さん:
「伶音は、たくさんの幸せを運んできてくれた大切な家族です。伶音が嬉しそうにしていると私たち家族も笑顔になり、不安な表情を見せたり体調が悪そうにしていたら、家族全員で悩み考えたり。伶音は私たちにとって、全力で守って、幸せにしてあげたい存在です。伶音がうちのコになって、毎日がとても幸せです。

言葉は理解してもらえなくても、きっと気持ちは通じあっていると思うので、たくさん話しかけています。仕事が忙しくて疲れた日でも、伶音の顔を見るだけで癒されホッとした気持ちになります」

抱っこされて笑顔を見せる伶音ちゃん
@cooky_reon

伶音ちゃんと過ごす日々に、癒しと幸せを感じているという飼い主さん。「これからも、一緒に過ごす一日一日を大切にしていきたいです」とも話してくれました。

飼い主さんご家族のもとで第2の犬生を歩んでいる伶音ちゃんの様子は、Instagramでもぜひご覧ください。

写真提供・取材協力/@cooky_reonさん
取材・文・構成/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る