1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 動作・意識の異常、症状
  4. 愛犬を怒ったら、腰を抜かしてしまいました。

Q&A病気・健康

UP DATE

愛犬を怒ったら、腰を抜かしてしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬を怒ったら、腰を抜かしてしまいました。

犬は驚いたときに後ろ足が自由に動かず、腰を抜かしたように見えることがあります。この場合はすぐ元に戻ります。問題のある例としてはイカの生食によりビタミンB1が分解され体内でビタミンB1が欠乏して、後躯麻痺により足がふらつき、腰を抜かしたように見えることがあります。このほかにヘルニアや心臓病、神経疾患でもふらつきがみられる可能性がありますので、続くようでしたら動物病院で診察を受けましょう。

ブルドッグ|♀|1歳6カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A病気・健康

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「ブルドッグ」の新着記事

新着記事をもっと見る