1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 胆嚢
  4. 胆泥症と診断されましたが胆嚢を摘出したほうがいいのでしょうか。

胆泥症と診断されましたが胆嚢を摘出したほうがいいのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胆泥症と診断されましたが胆嚢を摘出したほうがいいのでしょうか。

ご相談者様の愛犬は今年で17歳になられるのですね。犬の中ではかなり御長寿さんです。素晴らしいことですね。今回、胆泥症が見つかったということですが、かかりつけの獣医師からは、胆嚢の摘出をすすめられたのでしょうか? 胆泥症はそれがあるだけではすぐに胆嚢を摘出する必要はないと思いますよ。もし、それが原因で愛犬に何か症状があるのであれば別ですが、胆嚢摘出の手術は高齢の犬にはかなり負担になってしまうのではないかと思います。場合によってはお薬などを使って症状を和らげてあげることもできると思います。もし、緊急的に手術が必要なようであれば、かかりつけの獣医師にしっかりとリスクを含めた説明を受け、ご相談者様が納得の上、話を進めていかれることをおすすめいたします。

ポメラニアン|♀|17歳0カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

Q&A病気・健康

更新

関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「獣医師が答えるQ&A」の新着記事

新着記事をもっと見る