1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 噛(咬)む/舐める
  4. 4カ月の柴犬です。飼育を始めたときから噛む癖が直りません。

4カ月の柴犬です。飼育を始めたときから噛む癖が直りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4カ月の柴犬です。飼育を始めたときから噛む癖が直りません。

噛むという行動は犬、特に子犬にとっては自然な行動です。ですから、噛み癖はやめさせるのではなく、何を噛んでよいのかを、犬に教えてあげるようにしましょう。

ご相談者様の愛犬は何を噛むのが好きなのでしょうか。

人の手を噛むのが好きなら、噛むことによって飼い主さんと遊んでいると思っているかもしれませんね。この場合、飼い主さんは噛まれても我慢して無視をしてください。静かに立ち去り、飼い主さんとの遊びが終わってしまうことを教えてあげましょう。

スリッパや家具など手当たり次第噛んでしまうようなら、噛みたい欲求が満たされていないのかもしれません。初めに述べたとおり、子犬にとって噛むということは自然な行動です。

噛んでもいい専用のおもちゃを用意して欲求を満たしてあげましょう。スリッパや家具を噛んでも過剰に怒らずに片づけて、噛んでもいいおもちゃで遊べたときはたくさん褒めてあげてください。犬は、おもちゃで遊べば褒めてもらえるということを覚えていきます。

4カ月の子犬は、まだまだ成長の途中です。いろいろなものを噛んで飼い主さんの反応をみていることもあります。この時期に、噛んでもいいものと噛んではいけないものをしっかり教えてあげてくださいね。

柴|♂|0歳4カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

Q&Aしつけ

更新

関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「獣医師が答えるQ&A」の新着記事

新着記事をもっと見る