1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 噛(咬)む/舐める
  4. かまってほしくて噛んできます。色々なものを噛んで、破壊しているほど噛み癖がひどく困っています。

Q&Aしつけ

UP DATE

かまってほしくて噛んできます。色々なものを噛んで、破壊しているほど噛み癖がひどく困っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かまってほしくて噛んできます。色々なものを噛んで、破壊しているほど噛み癖がひどく困っています。

噛み癖はやめさせるのではなく、何を噛んでよいのかを教えてあげるようにしましょう。それと同時に遊ぶタイミングについても考えてみてください。

スリッパや家具など手当たり次第噛んでしまうようなら、噛みたい欲求が満たされていないのかもしれません。犬にとって噛むということは自然な行動ですので、噛んでもいい専用のおもちゃを用意して欲求を満たしてあげましょう。スリッパや家具を噛んでも、過剰に怒らずに取り上げます。愛犬をサークルやクレートに入れて、おとなしくなるまで無視して待ちます。おとなしくなったら、飼い主さんから噛んでもよいおもちゃで遊びに誘ってくださいね。

飼い主さんの手を噛んできたら、やはり、過剰に怒らずに無視しましょう。噛むことは遊びではないことを教えてあげます。愛犬の興奮がおさまったら、噛んでよいおもちゃで遊んであげましょう。

このようなことを繰り返しているうちに愛犬は、おとなしくしていれば、遊んでもらえることを覚え、噛んでよいおもちゃで遊ぶようになってきます。

成長過程の子犬は、いろいろなものを噛んで飼い主さんの反応をみていることがあります。騒がず冷静に接してあげてくださいね。

柴|♀|0歳7カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&Aしつけ

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「噛(咬)み癖」の新着記事

新着記事をもっと見る