1. トップ
  2. 犬が好き
  3. エンタメ
  4. 癒し
  5. 普段は早足なのに、高齢のお母さんがリードを持つと“別犬”に! 柴犬の「気遣い」にほっこり

犬が好き

UP DATE

普段は早足なのに、高齢のお母さんがリードを持つと“別犬”に! 柴犬の「気遣い」にほっこり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人のことをよく見ているんだな」などと、愛犬の行動を見て感心することも。

今回紹介するのは、Twitterユーザー@shibamatsu2017さんの愛犬・松くん(♂/取材当時4才/柴犬)。ある日の「お散歩中の出来事」に、大きな反響が寄せられていました。

普段は歩くスピードが速い松くん。高齢のお母さんがリードを持つと、「別犬」のようにゆっくりと歩き出した

高齢のお母さんを気遣いながら歩く松くん
高齢のお母さんを気遣いながら、ゆっくりと歩く松くん。
@shibamatsu2017

話題を呼んだ投稿がこちらです。飼い主さんがリードを持つときの松くんは、歩くスピードがとても速くて引っ張りグセも強いのだそう。

いつも自由にお散歩を楽しんでいるという松くんですが、この日は飼い主さんのサポートのもと、飼い主さんのお母さんがリードを持つことになったそうです。

すると松くんは、歩くスピードがゆっくりなお母さんに合わせて、トコトコと歩き始めたのだとか。その様子はまるで、高齢のお母さんを気遣っているかのようだったといいます。

そんな松くんの姿を見て、飼い主さんは「尊い。優しさのかたまりだ」と感じたと綴っていました。

松くんの行動に、たくさんの反響が!

心あたたまるエピソードに、Twitterユーザーから「素敵なお話ですね」「気遣いのできる子ですね」「ワンちゃんは、ちゃんと相手を見ながら、相手に合わせながら歩いてくれますよね」「ほっこりするお写真 ワンコっていろんなことわかってくれてますよね」などと、反響が寄せられていました。

当時の状況について、飼い主さんに話を聞いた!

笑顔が可愛い松くん
@shiba_matsu

人のことをよく見ている松くん。優しさあふれる松くんの行動に、ほっこりした人も多いのではないでしょうか。

飼い主さんにお話を伺うと、もともと松くんの平日のお散歩担当はお母さんだったのだそう。松くんを家族に迎えてから、松くんとのお散歩はお母さんの楽しみでもあり、毎日朝夕の2回、ふたりで楽しくお散歩をしていたのだとか。

楽しそうな松くん
@shiba_matsu

しかし、昨年の12月にお母さんは腰を痛めてしまい、しばらくお散歩に行くことができなくなってしまったのだそうです。

飼い主さん:
「母は高齢なこともあり、安全を考えて、これを機に松のお散歩を引退してもらうことにしたんです。それ以来、私が松のお散歩を担当するようになりました」

お散歩を楽しむ松くん
@shiba_matsu

飼い主さんが松くんのお散歩を担当するようになって、3カ月ほどが経過した頃のこと。お母さんの腰の調子がだいぶ良くなってきたのだとか。暖かくなってきたこともあり、リハビリも兼ねて一緒にお散歩に行き、久々にお母さんにリードを持ってもらうことにしたのだそうです。

飼い主さんはふたりの様子を後ろから見守ることにしたそうですが、お母さんを気遣うかのような松くんの姿を見て、飼い主さんはとても驚いたといいます。

笑顔が可愛い松くん
@shiba_matsu

飼い主さん:
「私とお散歩するときの松は、突然走ったり、好きな方向に行ったり、とにかく自由なんです。でも、母がリードを持ったとき、松の態度が私のときと全然違っていて驚きました

腰を痛めたこともあり、母の歩くスピードは以前よりもっと遅くなっていたのに、松は明らかに母に合わせて歩いていて。

母に聞いたら、『いつもこうだよ』と言われ、母にとってはこれが普通だったと知りました。私は今まで知らなかったので本当にびっくりで、松の姿を見て『別犬!!!』とも思いましたね」

松くんとお母さんの関係にほっこり

まったりする松くん
飼い主さんとお母さんが口論になったとき、松くんは間に入ってきて「やめて!」という目で訴えてきたこともあるそう。
@shiba_matsu

ふだんから一緒にいる時間が長いという、松くんとお母さん。おしゃべり好きなお母さんの話にずっと耳を傾けていたり、お母さんがお昼寝をしていると、松くんもそっと寄り添うかのように近くでお昼寝を始めたりするのだそうです。

そのようなふたりの姿を見ると、飼い主さんは「本当のおばあちゃんと孫のようだな」と感じ、微笑ましい気持ちになると話していました。

松くんは大切な家族の一員

まったりする松くん
@shiba_matsu

現在4才の松くん。賢くて優しいコですが、実は小さい頃はやんちゃで噛みグセがひどく、手を焼いていた時期もあったのだそう。トレーナーさんに相談したこともあったそうですが、2才を過ぎたあたりからとても穏やかになったといいます。

「このコは人間かな?」と思うくらい、飼い主さんたちの言っていることを理解してくれるという松くん。飼い主さんはそんな松くんの存在について、「私たちに寄り添ってくれる大切な家族の一員です」と話していました。

写真提供・取材協力/Twitter(@shibamatsu2017さん)、Instagram(@shiba_matsuさん)
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る