1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 「犬と食事を考える」のその後〜1【穴澤賢の犬のはなし】

「犬と食事を考える」のその後〜1【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.35 「犬と食事を考える」のその後〜1

以前、この連載で「犬と食事を考える」と題して5回に渡ってペット栄養コンサルタントの奈良なぎささんに話を伺いましたが、実はあのあと実際に大吉の食事について正式に「食事指導」をお願いしておりました。それから約3カ月、あれだけ食に執着心のなかった大吉に変化はあったのか? 途中経過の報告もかねて改めて奈良さんに話を伺ってきました。

いぬのきもちweb

穴澤:大吉の食事指導を正式に依頼したのは、たしか2013年7月中旬くらいでしたよね?

奈良:そうですね。まず動物病院で血液性化学検査を受けていただき、それからアンケート用紙に細かく現在の食事内容や便の状態などを記入してもらって、それを評価してという流れでしたね。

穴澤:幸い、血液検査の結果はどこも問題なかったのでよかったです。

いぬのきもちweb

ペット栄養コンサルタント、奈良なぎささん

奈良:それまでは手作りでしたっけ、大吉くんの食事は。

穴澤:一応手作りだったんですけど、それだけだと食べないので、器をもうひとつ用意してドライフードも置いたりしていましたね。トッピングスタイルにしてもよかったんですが、すぐに食べないのでふやけてベチャベチャになるんですよ。なので2つの器に手作り食とドライフードを入れて、好きなときに好きなほうを食べていいというスタイルでした。

奈良:それでどちらをどのくらい食べたか毎日きっちり計ってもらって、あとドライフードの種類と手作り食の材料も一週間分くらいメモしてもらったものを送っていただいたんでしたよね?

穴澤:そうしたら、食べない日とすごく食べる日があって、どうやら大吉が自分でコントロールしているらしいことが発覚したんです(笑)

いぬのきもちweb

食事内容や体重などを記録し、食事量を分析

奈良:全体の栄養バランスなどを評価、分析したら、脂肪の含有量がすごく高いときとそうじゃないときのばらつきがあって、脂肪の高いものをたくさん食べた次の日とその次の日は食べる量が減るという傾向が出ていたんです。

穴澤:それでドライフードにするか100%手作りにするか相談して、僕の場合は在宅で手作りしようと思ったらできるから、やってみますということになり、レシピを考えていただいたんですよね。後日送っていただいたレシピを見て、最初は正直びっくりしましたよ、何を何グラムとか、細かくて。

奈良:タンパク質が必要量摂れているのか、過剰じゃないかというのが一番大事なんですよ。それから脂肪の含有量がその犬に合っているかどうか、それと食物繊維の割合と種類が合っているかどうか。まずそこを見極めたかったんです。大吉くんの場合は、肉類と脂肪分がちょっと多かったので。

いぬのきもちweb

穴澤:レシピまで細かく書いてあって、その通りに作ってグラム数を計って、食べた量もはかって、さらにウンチの写真も毎回撮って、ウンチの重さと体重も計って、それらを毎日メモして送ってほしいとのことで。最初は「ウンチの写真を撮るのかー」と思いましたけど(笑)

奈良:食べたものと、ウンチの状態と重さでどのくらい吸収できているのかわかりますから。でも最初はあまり食べてくれなかったんですよね。

穴澤:牛乳を与えたら下痢したり。で、どうやら大吉は牛乳がダメらしいと。ほかにもサツマイモを与えてみたけど食べない、とか。ダメなものをひとつひとつ確かめてつぶしていった感じですよね。

奈良:飼い主さんは食事を「食材の種類の組み合わせ」だと思っているので面倒くさく感じると思います(笑)。しかし、こちらで調整しようとしているのは、「栄養素」の組み合わせであり、かつその作用が個体に適しているかどうかなんです。たとえば、野菜だと食物繊維源で考えますが、そこに含まれている繊維の種類やその配合バランスが身体に適していないと栄養吸収が悪い、便が慢性的に緩いなどの問題が生じます。そこに小型犬種と大型犬種の違い、個体差などが加わるので、実際こちらで行っている作業はかなり複雑なんです。飼い主さんのやる気が起きないとなかなか大変だと思います。

いぬのきもちweb

穴澤:そうしたら結構食べるようになりました。ここに辿り着くまでたぶん1カ月近くかかっているんですけど、あそこで劇的に変わりましたね。

奈良:そうですね。さまざまな情報が集まってきたので、大吉君に適した栄養バランスで構成するレシピが見えてきたからです。

穴澤:奈良さんから頻繁に連絡をいただいて、僕は僕で「大吉食事管理表」みたいなものを自分で作り、食材と食べた量と、ウンチしたかどうかとか簡単に記入できる用紙を冷蔵庫に貼ったりして。その苦労がやっと実ったという感じでした。

奈良:そこからは基本レシピを提案して、たまに鶏肉を白身魚に変えてくださいとか、週に一度は卵を加えてくださいとか、調整のような提案でしたね。そのあとはどうですか?

いぬのきもちweb

穴澤:今は大吉の食事を作っていると横で待っています。与えたらすぐに全部食べますよ。もうガツガツと。たまに、ちょろっと残しますけど、以前とは比べものにならないくらい食べるようになりました。皿を舐めることなんてなかったですから。

奈良:基本的に動物は体調がよければ快眠・快食・快便なはずなんです。なので、大吉君も「なんかおかしいんだよね」の「なんか」の部分の原因がわかり、そこを調整することができたから体調も改善できていると思います。

穴澤:それに最初はレシピどおりに手作りするのって、正直ちょっと面倒だなと思ったんです。煮たり焼いたりするので時間もそれなりにかかったし、でも慣れてくると思ったほど面倒ではないですね。予め切り分けて保存しておいたりすれば。

奈良:大変なのはその犬に適した食事内容を探す最初の段階だけで、あとは飼い主さんのライフスタイルに合わせた作り方や保存の仕方をして、ときどき栄養調整を行えばいいだけですしね。

穴澤:あとスーパーなどで売っている食材だから、お金もそんなにかかんないんです。

いぬのきもちweb

奈良:食事は命をつなぐ毎日の大切な燃料です。経済的にバランスがとれ、また継続できることが第一だと考えているので、身近にある材料で調達できるレシピを提供しています。

穴澤:食事も高いフードを与えていたときよりかかってないような。でもとにかく、食事に執着心のなかった大吉ががっついて食べるようになったのが何より嬉しいですよ。

奈良:私も嬉しいです。穴澤さんにも最後まで努力していただいて感謝です!

(つづく)

取材協力
Cafe Belami
住所:東京都渋谷区宇田川町6-11 原宿パークマンション地下1階
TEL:03-3464-0631
時間:平日11:00〜24:00 土日祝 11:00〜24:00
※平日12:00〜13:30の時間帯は混み合うため、愛犬と一緒に来店の場合は少し時間をずらすことをお勧めします

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る