1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 2頭目を迎えて〜7日目【穴澤賢の犬のはなし】

2頭目を迎えて〜7日目【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.58 2頭目を迎えて〜7日目

いぬのきもちweb

我が家にニューフェイス「福助」を迎えて1週間が経過した。前回書いたように、福助にはトラウマがあるようで、人に抱きあげられることを極端に嫌がる。一時預かりの方から、そのせいで人を噛んだことがあると聞いている。自ら人間に近寄ってくることもないし、こちらから近寄ると逃げまどう。

いぬのきもちweb

ただし、どうやら人間が恐くて仕方ないという感じではなく、ただ単にどう接していいのかわからないのと、抱きあげられるときの不安定な体勢が嫌いなだけではないかと思う。もともと臆病な性格ではないような気がする。その証拠に物音にいちいちビクビクするようすはないし、一度抱きあげてしまえば観念して大人しくしている。一時預かりの方から、抱きあげるときは優しく声をかけながらゆっくりゆっくり近づいて少しずつ体を密着するようにして包み込むように、降ろすときもゆっくりと、と教わった。

いぬのきもちweb

言われたとおりにやってみると、なるほどたしかに抱きあげることができた。しかし緊張して身体はカチコチだし、足はビーンと伸びている。相当緊張しているらしい。しかもサークルの隅に追い詰めないと抱きあげることはもちろん触れることすらできない。トライアル飼育開始直後はこんな状態だった。はたして福助はその後1週間でどう変わったのか。

いぬのきもちweb

まずは、必要以上に抱きあげようとしないことにした。抱きあげたときは、緊張がとけて身体から力がある程度抜けるまで膝の上にのせたままにした。あとは、立った体勢から触ろうとしたり、無理矢理捕まえようとしたり、そういう恐怖心を煽るような動作はしないよう心がけた。また、人が動く度に「何かされるかも!」と警戒したような動きをするので、用のないときはなるべく無視するようにした。

いぬのきもちweb

そうした中で、人には近寄って来ないが、大吉のことが大好きな福助は、盛んに大吉に闘いを挑んでいた。子犬特有のしつこさとテンションの高さに、大吉は若干迷惑そうにしながらも2頭は「ガウガウバトル」を繰り広げていた。本気でやったら大吉のほうがはるかに強いはずだが、そこらへんはきちんと手加減してやっているらしい。

いぬのきもちweb

そんな調子で賑やかになった我が家だが、3日くらい経過してもまだ福助は近づくと逃げていた。が、少しずつではあるけれど、着実に距離が縮まっているような気がした。実際に抱きあげるまでの時間もどんどん短くなっていた。ただ、ためしにわざとちょっと雑に持ちあげようとしたら「ガウ!」と牙をむく。噛もうとしているのではなく、条件反射的にそうしてしまうようにも見える。さらにサークルに閉じこめられると逃げ場がなくなると悟ったのか、このあたりからサークルにはほとんど入らず、リビングのテーブルの下にいることが多くなった。おかげで捕まえるのが大変になったが、福助も本気で逃げている感じでもなくなってきた。

いぬのきもちweb

また夜寝るときは、大吉は寝室のベッドで人間といっしょに眠るのだが、福助が近寄ってくる気配はなくサークルで眠っていた。4日目の夜だったか、試しに福助を抱っこしてベッドに降ろしてやると、逃げることなく朝まで寝ていた。「なんだお前、ここに来たかったんじゃん」と思い、それからは毎晩寝室でいっしょに寝るようになった。面白いことに、ベッドの上で身体を触られるのはそれほど嫌ではないらしい。

いぬのきもちweb

5日目あたりから、今度はソファの上にいることが多くなった。そしてソファの上にいるときは、なぜか逃げなくなった。そして6日目くらいから、自分から近づいてくるようになったが、それでもあと少しで手が届くという距離まで。その翌日は触れる、というように日々変化していて、それがとても面白い。面白いといえば、福助が来てからの大吉の変化も大変興味深いものがある。そのあたりの話はまた次回。

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る