1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬というリミッター【穴澤賢の犬のはなし】

犬というリミッター【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬というリミッター

いぬのきもちweb

犬と暮らしていると、彼らのために1日のうち最低限さいてやらねばならない時間がある。日々の散歩から、ゴハンの用意、いっしょに遊ぶ時間まで、多い人では1日数時間は愛犬のために費やしている人もいる。犬と暮らしたことがない人は「大変そう」と思うかもしれないが、実は違った側面もある。

いぬのきもちweb

言い方は悪いが、犬と暮らすと生活にある程度「制約」が生じる。わが家の場合、朝と夕方にはそれぞれ30分から1時間ほど散歩に行っているし、ゴハンも作ってやらねばならない。だから若いころのように、朝まで飲むなんてことはできなくなった。外で飲んでいても留守番をさせている犬が気になって「本気」で飲めないから、いつしか友人を招いての家飲みが多くなってきた。

いぬのきもちweb

仕事についても、深夜までパソコンに向かったりすることはない。だいたい夜の8時ころか、遅くても9時には仕事を終えるようにしている。なぜなら、それ以上仕事部屋にいると、大吉と福助が露骨に退屈そうにするからだ。彼らの中では、それくらいになると仕事部屋からリビングに移動して、ソファでゴロゴロしたいようだ。それなら自分たちだけ先に行けばいいと思うのだが、どうも私もいっしょでないといけないらしい。だから仕事が終わるまでは仕事部屋で待っている。

いぬのきもちweb

誰しもそうだと思うが、仕事には波がある。暇なときは暇なのに、忙しいときはなぜか重なる。必然的に忙しい時期は夜遅くまでかかってしまうのだが、大吉がわざとらしく大あくびをしたり、福助はもっとストレートに「まだかかんの?」みたいな顔をするので、多少仕事が残っていても、いい時間になると途中で止めたりするようになった。でも、それくらいがちょうどいいのかもしれないと思っている。

いぬのきもちweb

人間の集中力なんて長くは持たない。若いころに何度も徹夜して、やったことの半分は翌日にやり直すということを繰り返した結果、「徹夜は無意味だ」という結論に達した。集中力の切れた状態でダラダラと仕事をするくらいなら、しっかり寝て翌日やったほうがはるかにはかどる。そのことはわかっているのだが、仕事に追われまくっていると、とにかく少しでも目の前にある仕事を片付けたいから夜遅くまで頑張ってしまうことがある。そこに犬がストップをかけてくれるのだ。

いぬのきもちweb

だから今はどんなに仕事が忙しくても、夜には大吉と福助とリビングでくつろいだり、ちょっと遊んだりしながらビールを飲むし、よくよく考えてみると、そんな時間が一番好きなのだと改めて思う。結果的に、翌朝も早く起きて散歩に行かなくてはならないから早めに寝るし、早起きするから夜も早めに眠くなる。散歩だってそれなりの運動になるし、犬と暮らしているおかげで、無理をすることがなくなり、生活のリズムが崩れることがない。制約なんかではなく、犬たちに感謝しなくてはと思う。

いぬのきもちweb

ところで、この原稿の締め切りは実は先週の金曜日だったのだが、上記のような「犬リミッター」がはたらいたため「すいません、週明けまで待ってください」と泣きを入れた経緯がある。そして今こうして書いている。そのせいで、もしも夜遅くまで仕事をするはめになった人がいたら、申し訳なく思う。本当にすいません。でも大吉と福助のせいです。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る