1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 福ちゃん、ついに乗り物酔いを克服?【穴澤賢の犬のはなし】

福ちゃん、ついに乗り物酔いを克服?【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福ちゃん、ついに乗り物酔いを克服?

いぬのきもちweb

子犬のころからまったく乗り物酔いしなかった大吉とは違い、福助はわが家に来たときから車が苦手だった。乗ること自体は嫌がらないが、車が走り出して15分もすると決まって吐く。そのため、あれこれ乗り物酔い克服法を試してみたが……。

いぬのきもちweb

以前にも書いた通り、福助は車酔いするタイプの犬だった。ただ、まったく平気な大吉が特別なだけで、車が苦手な犬のほうが圧倒的に多いのではないだろうか。とはいえ、中型犬クラスになってくると、キャリーバッグに入れて移動するのは現実的ではないので、なんとか車酔いを克服してもらうしかない。

いぬのきもちweb

最初は、動物病院で処方してもらう犬の酔い止め薬を試してみた。酔い止め薬なんてほとんどプラシーボ(プラセボ)効果だろうから犬には効かないだろうと思っていたが(失礼)、これがなんと飲ませると吐かなかったので驚いた。が、飲ませても吐くときがあったりして、どうも効果が安定しなかった。個体差もあるだろうから当然かもしれないが、車に乗せる度に薬を飲ませていたらお金がかかってしょうがないし、薬に頼っても根本的な解決にはならないので、何度か試してからやめた。

いぬのきもちweb

続いては走行中に窓を開けて外の空気を入れようとしてみたが、窓を開けた途端に大吉が「ウッヒョー!!」とテンションマックスになって身体を外に乗り出そうとするので、危険なためこれも却下。結果、大吉の鼻先がやっと外に出るくらいだけ窓を開けてみたが、大吉と違って福助は窓の外に興味を示さないし(たぶん景色を楽しむ余裕がない)、やっぱりしばらくすると吐いていた。

いぬのきもちweb

こうなったらもう慣れてもらうしかない。そんなわけで、なるべく車で出かける機会をつくって(あまり間隔が開かないように)、頻繁に福助を車に乗せていたが、やっぱり毎回吐く。が、次第に吐くまでの時間が15分から、30分に。そして1時間くらいとほんの少しずつだが確実に延びていった。そして、1時間くらい走ったら一度休憩をとるようにした。あくまでも個人的な感想だが、一度外に出して5分でもいいから少し歩かせて「地面の感覚」を取り戻させてやると、そこでリセットされるような気がする。

いぬのきもちweb

あとはもうひたすらその繰り返し。その結果、吐くこともあれば、最近ではトータルで2時間ほどの移動でも吐かないこともあるようになってきた。時間はかかったが、ようやく慣れてきてくれたんだろう。犬はもともと車に乗るようにはできていないので、福助にはちょっと辛い思いをさせてしまったかもしれないが、ここまでよく頑張った。偉いぞ、タヌキ。これからはたくさん遊びに行こうな。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る