1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬たちの人相【穴澤賢の犬のはなし】

犬たちの人相【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬たちの人相

いぬのきもちweb

それなりに長く生きていると、その人の人柄みたいなものが表面に滲み出てくるような気がする。そして、犬にも「犬柄」を感じることがある。

いぬのきもちweb

今年で私も45歳になるが、だいたい同じくらいの年代の人と出会うと、別に何も話さなくても、「友達になれそうか、そうでないか」くらいはなんとなくわかるようになってきた。もちろん話してみたら第一印象とは違う場合もあるが、ファッションにしても風ぼうにしても、なんとなくその人の人柄が嫌でも出てくる年齢なのだろう。

いぬのきもちweb

私の場合、性格どうこうよりも、酒が好きで、音楽が好きそうな人は、だいたい仲よくなれそうな気がする。あと、そこはかとなく漂ってくる「ダメ人間体質」にも共感を抱いてしまう。そういう人と出会うと思わず「今度ゆっくり一杯やりませんか」という心境になる。実際、仕事の枠を超えて仲よくなる人は、そういう人が多い(注:ダメ人間ではない人もおりますよ)。

いぬのきもちweb

それと同じような感覚で、犬に対しても、パッと見ただけで「犬柄」がわかるようになってきた。犬と暮らして長いせいもあるのだろうが、少し先から歩いてくるのを見ただけで、1〜2才くらいでまだ幼いのか、4〜7才くらいの一番いいときなのか、10才を超えたシニア犬なのかは、だいたいわかる。全部答え合わせをしているわけではないので正確にはわからないが、立ち止まって会話したときに「4〜5才くらいですか?」と確認してみると、正解の場合が多い。

いぬのきもちweb

年齢は歩き方にもよるので比較的見分けやすいが、犬同士ですれ違うときにガウガウくるタイプの犬か、仲よくできるタイプなのかも、なんとなくだがわかる。鼻息荒く猛烈にリードを引っ張っている大型犬なんかは、間違いなくイケイケの若僧なので、そういうのが向こうから来たら脇に避けたりする。

いぬのきもちweb

もうひとつ、飼い主と歩いている姿を見ると、お互いの信頼関係がうかがい知れたりもする。お年寄りなんかが、おとなしいマルチーズとお互いを気遣うようにゆっくり歩いているのを見ると、「あぁ、いい関係なんだろうな」と思う。ちなみに断っておくと、わが家も人のことはいえず、福助は他の犬が近づいて来ると鼻息荒く「なんだお前、やんのか!」とぐいぐい行こうとするので、その度に相手には「すいません、アホで」と謝りながら「やめんかボケ」と注意しなくてはならない。

いぬのきもちweb

まぁ「犬柄」といっても、わかることはしれているのだけど、ただひとつ、愛情をそそがれている犬なのかどうかはひと目見てわかる。犬の顔から体からしぐさからそれこそ滲み出ているからだ。その点、わが家は人から見て大丈夫だろうか。大吉はともかく、福助はアホすぎて心配だ。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る