1. トップ
  2. 犬が好き
  3. いざというときに出る本性【穴澤賢の犬のはなし】

いざというときに出る本性【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざというときに出る本性

いぬのきもちweb

ふだんは偉そうなことを言っていても、いざというときに、そいつがどんな態度をとるのかはわからない。それは人間も犬もいっしょのようで……。

いぬのきもちweb

大吉は、ほかの犬にケンカ腰で近づくことはない。逆にケンカ腰の犬が近づいてきてもそっぽを向いて相手にしない。対して福助はわりと挑戦的で、相手がケンカ腰で来たら「なんだこの野郎!やんのか!」という態度でリードをぐいぐい引っ張ったりする。が、どうも止められることを想定しての「引き」な気がする。

いぬのきもちweb

そばに大吉がいないと実は『かなりヘタレ』なことも以前に書いたことがあるが、つい最近そのことを痛感する出来事があった。

いぬのきもちweb

その日も、いつもと同じように近所の浜辺を散歩していた。片手に大吉のリードを持ち、もう片方の手で福助のリードを持って歩いていたときのこと。何十メートルか先に、見慣れない犬がいるのが見えた。黒っぽい中型犬で、ちょうど大吉たちと同じくらいの大きさだった。大吉と福助はニオイを嗅ぐのに忙しく、相手の存在にまだ気がついていないが、あっちはすでにこちらをまっすぐ見据えている。

いぬのきもちweb

向こうの飼い主が何かに気を取られてよそ見したときだった。その犬が、こちらに向かって突進してきた。隙を突かれたらしく、リードを放してしまった飼い主がなにやら叫びながら慌てて犬の後を追ってくる。が、犬の足に勝てるわけもなく、黒い犬だけがノーリード状態でこちらへ突進してくる。そのとき大吉と福助は少し離れていたのだが、福助をターゲットにしたのか、もの凄い勢いで一直線にかけてきた。

いぬのきもちweb

福助も相手に気がついたようだ。そんな状況で、私もどうしていいかわからなかったが、大型犬ならいざ知らず、同じくらいの大きさなので、ケンカになってもたいしたことはないだろうと瞬間的に思った。本気でケンカになったら割って入るしかないだろうなと思いつつ、どうすることもできず、迫り来る相手を待つしかなかった。

いぬのきもちweb

その間わずか数秒間で、黒い犬が福助の目の前まで辿り着いたのだが、福助はひたすら逃げまどっていた。黒い犬はどうやら、ケンカをふっかけに来たのではなく、遊びたかったのかもしれない。少なくとも、噛みつこうとはしていない。が、福助はビビリまくっていて、少しでも黒い犬との距離を取ろうとする。端から見ると、黒い犬が福助を追い回しているように見えたかもしれない。でもその時点で私は安心していたので、ちょっと半笑いでそんな様子を眺めていた。

いぬのきもちweb

すると突然、大吉が黒い犬に猛烈な勢いで突っ込んでいった。今度は不意をつかれた向こうが逃げ出した。そのときになってようやく飼い主が追いついて黒い犬のリードを掴んだ。しきりに「すいませんでした!」と謝られたが、別にこちらにはなんの被害もない。「たぶん、遊びたかっただけじゃないんですか」などと言って別れたのだが、後になって、あのときの大吉の行動はなんだったんだろうと思った。まるで逃げまどう福助を守るかのように相手に向かっていった、ように見えた気がしたのだけど。

いぬのきもちweb

本当のところはわからないが、「いざ」というときには犬も意外な行動をとるのだなと驚いたのだった。福助は意外でもなんでもなかったけども。

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る