1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬と暮らす理由【穴澤賢の犬のはなし】

犬と暮らす理由【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と暮らす理由

いぬのきもちweb

この間、ふと、自分自身が今、犬と暮らしている理由はなんだろうと考えてみた。

いぬのきもちweb

たとえば、犬は好きだけど飼うことには躊躇している人が目の前にいたとする。そういう人から「だって犬を飼うって大変でしょう? 死んじゃったら悲しいし。なのになぜ犬と暮らしてるの?」と聞かれたら、なんと答えるか。うーん、とても困る。

いぬのきもちweb

なぜなら、正直その通りだからだ。わが家の場合、大吉も福助も外でしかウンチをしてくれないので、台風だろうが大雪だろうが、どんな日でも必ず散歩に行く。それも朝と夕方の1日2回。冬の大雨の日など、頼むから今日は家でしてくれと思うが、彼らが理解してくれるわけもなく、あきらめて凍えながら散歩に行く(なのに、たまに迷惑そうな顔をされる!)。

いぬのきもちweb

そもそも、1日2回散歩へ行くだけで生活はけっこう制限される。朝の散歩はまだよいとしても、夕方(または夜)もあるので、スケジュール調整もひと苦労する。昼に用事があって、夜にまた別で飲み会があったりしても、散歩のために一旦帰宅することになったりもする。鎌倉に引っ越したこともあって、都内で飲みの誘いがあっても基本行かなくなった。

いぬのきもちweb

都内に出て戻るだけでも時間がかかるので、昼に用事があっても、寄り道は一切せず終わったら一目散に帰る。ぶらっと買い物をする余地などない。なぜなら夕方の散歩に間に合わせるためだ。どうしても夜出かけなければならない用事があるときは、働きに出ている嫁に早く帰宅してくれるよう頼む。

いぬのきもちweb

仕事の打ち合わせも、なるべく散歩に影響がでない時間帯を希望する。私は在宅なので比較的融通がきくが、フルタイムで働いている人でも、きっと同じような思いをしているのではないかと思う。このように散歩だけでも、まぁまぁ大変だ。

いぬのきもちweb

その他、犬連れで外出するときには、食事の度にいちいちペットOKのレストランを探さねばならない。また、いくら掃除しても、家も服もすぐ毛だらけになる。さらに、食費や医療費もかかる。が、不思議と犬にかかるお金は惜しいとは思わない(思わなくなる)。

いぬのきもちweb

以上を踏まえると、大変なのは間違いない。そのくせ、いつかはいなくなる。そして、とてつもなく悲しい。経験したから知っている。なのに、なぜ犬と暮らすのか。なぜだろう、と自分でも思う。

いぬのきもちweb

一時期、犬がいない期間があった。そのときのことを思い出すと、なんとなくつまらかったような気がする。頻繁に掃除しなくていいことが、さびしくも感じた。たぶん、「犬がそばにいるのが普通」という感覚になっているのではないかと思う。もちろん、どんな犬でもいいわけではないのだが。

いぬのきもちweb

だから、冒頭の質問にはうまく答えられない。しいて言えば、犬がそばにいることで、生活や感情といった自分自身を含めた環境の「彩り」が豊かになるような気がすることだろうか。あとは、手を伸ばした先にモフッとしたやつがいるのは、やっぱりいい。うーん、やっぱり答えになってないか。

※次回の更新は8/21となります。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る