1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 八ヶ岳に土地を〜その6【穴澤賢の犬のはなし】

八ヶ岳に土地を〜その6【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八ヶ岳に土地を〜その6

いぬのきもちweb

犬たちのために、八ヶ岳の土地を手に入れる。その夢が、遂に現実のものとなる?

いぬのきもちweb

気に入った土地を200万円で売ってもいいと現在の持ち主から返答があってから数週間後、私は八ヶ岳に向かった。管理事務所立ち会いのもと、正式に購入手続きを行うためだった。前日から貸別荘に泊まり、翌日に備えた。この時点では、まだ実感はわいてこなかった。

いぬのきもちweb

そして翌日の午前中、管理事務所へ行くと、すでに現在の持ち主が到着していた。年配のご夫婦で、物腰のやわらかそうな人だった。私が部屋に入ると、旦那さんが「こっちは涼しくていいところでしょ」と気さくに話しかけてくれた。なんでも、ご夫婦は関東在住で、随分前にこの別荘地に家を建て、当時は子どもや孫を連れて頻繁に通っていたという

いぬのきもちweb

それが孫も大きくなり、自分たちも歳をとって運転が大変になったので、ここ数年は足が遠のいていたんだとか。ただ、今でも八ヶ岳は大好きらしい。とくに夏が最高だという。「夏はね、東京と10度くらい違うから。あっちが35度だったら、こっちは25度。夜は寒いくらいだよ」とのこと。犬がいることを話すと「そりゃ、大喜びだよ」と笑顔で応えてくれた。

いぬのきもちweb

その後、必要書類に署名捺印して、取引はスムーズに終わった。条件は「現状渡し」。つまり、必要のない家具や荷物はこちらで処分し、壊れた場所も当然こちらで修理する、というもの。それは事前に聞いていたので、なんの問題もなかった。契約が終わると、「じゃあ、これからじっくり楽しんで!」と言い残し、ご夫婦は帰って行った。

いぬのきもちweb

私の手には、小屋の鍵が握られている。こうして2017年の初夏、ついに、あの土地が自分のものになった。嬉しい、というより、「本当に?」という感じだった。それから、外で待たせていた大吉と福助を連れて、手に入れた土地に向かった。その前に立つと、じわじわと実感が湧いてきた。八ヶ岳に拠点を作るのは随分先の話だと思っていたのに、まさかこんなに早く夢が叶うとは。

いぬのきもちweb

が、階段は朽ち果てているし、そもそもそこを直さないと建物の中にも入れない(前回は脚立で窓から入った)。入れるようになったら、中の荷物を処分して掃除して、移住アドバイザーの友枝さんのアドバイスどおり、テラスのペンキを剥がしてオイルステンを塗り、伸び放題の雑草を刈り、柵で囲ってドッグランを作り……。今年の夏は、忙しくなりそうだ。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る