1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 愛犬がよくするしぐさ4つには、意外な気持ちが込められている。

愛犬がよくするしぐさ4つには、意外な気持ちが込められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見つめるトイ・プードル
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

愛犬がふとしたときに見せる、ちょっとしたしぐさってありますよね。とくに意味のないように見えても、じつは「意外な気持ち」だったりするんです!

日常でこんなしぐさ、見たことありませんか?

①飼い主さんを噛んだあとになめる→反省しているわけではない!

噛んだあとになめるのは、噛んだことを反省しているわけではなく、「敵意がないことのポーズ」。

噛んだあとの飼い主さんの反応から、なんとなく嫌な雰囲気を察して、その場をとりつくろうとしているのです。

「なんであんなことしちゃったんだろう。わからないなあ」

という気持ちを示しています。

②鼻をフンッと鳴らす→いま嗅いだニオイを消去したかった!

見つけるチワワ
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

鼻をフンッと鳴らすしぐさ、飼い主さんであればよく見ると思います。このしぐさは、たいてい床などのニオイを嗅いだあとにおこなうことが多いよう。

じつは、犬はこのように鼻を鳴らすことで、嗅覚をリセットしているのです!

なんとなく気になるニオイがあったので嗅いでみたけれど、それほど大したニオイではなかったのでしょう。

「この情報は消去しよう」

という気持ちなのです。

③首をかしげる→考えているのではなく、「もっと聞きたい!」

見つめる柴犬
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

犬の聴覚は人よりも優れていて、人には聞こえない周波数やはるか遠くの音も聞き取っているといわれています。

犬が首をかしげるときは、なんらかの音が聞こえていて、耳の方向を変えることでよく音を聞き取ろうとしています。

「どんな音? どこから音がするのか正確に知りたい」

という気持ちですね。

④ウンチのあと後ろ足で土をかく→ニオイを隠しているのではなく、自分のニオイをつけたい!

犬は排泄したあとに後ろ足で土を蹴っていることがありますが、よく見ると排泄物に土はかかっておらず、そのまわりの土を蹴り上げています。

これは「マーキング行為」の一種で、蹴ることで自分のニオイを拡散して、視覚的にも

「ここは自分の縄張りだ!」

と、まわりに主張しているのです。

見つめる犬
まいにちのいぬのきもちアプリ投稿写真より

「そんなふうに思っていたとは……!」と、意外なものはあったでしょうか? 飼い主さんでも、勘違いしているものがあったかもしれませんよね。

愛犬がこの4つの行動を見せたとき、ぜひ彼らの姿をよ〜く見てください!

出典/「いぬのきもち」2018年2月号『よくある愛犬のしぐさ じつは意外なきもちだった!』
(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る