1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 「介助犬フェスタ2018」に行ってきました!

「介助犬フェスタ2018」に行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

約7000名とその愛犬が参加!

第8回目となる今回は、直前まで天候が不安定で、一時は「介助犬フェスタ」始まって以来の雨開催になるかとヒヤヒヤしましたが、当日は見事に晴天に恵まれました。気温が上がりすぎる事もなく、7,000名を越える方とその愛犬たちにご来場いただき、大いに盛り上がりました。

毎年人気の「愛犬にがおえコーナー」は今年も大盛況。今年は初めて長久手市在住の漫画家ユニット真希ナルセさんがご協力下さいました。真希ナルセさんは「大変光栄なお仕事でした。少しでも貢献できたのかなと思います!」とコメント。お二人をきっかけに介助犬に興味を持つ方もいて、介助犬の輪がさらに広がったようです。

そして、「みんなのドッグショー」では、自薦他薦、あるいはスタッフによりスカウトされたワンちゃんたちが大集合。出場者と観覧者の双方が和やかな雰囲気でショーが進みました。

また、写真撮影スポットとして設置をした、皆さまから募集したワンちゃんの写真で作ったモザイクアートも大人気でした♪撮影された写真がたくさんSNS等にアップされていますので、
#日本介助犬協会
#介助犬
#シンシアの丘
などで検索してみてください。

介助犬の素晴らしさを楽しく知ることができたイベント

他にも、初の試みとして愛知県立芸術大学の皆さまにご協力いただき作成したコラボチャリティーグッズも大好評でした! 学生さん達の声掛けの後押しがあり、中には午前中に完売したグッズもありました♪
ステージで行われた介助犬のデモンストレーションや、会場内にポイントを設置したクイズラリーなど、来場者が楽しみながら介助犬について知ることのできたイベントでした。
イベントを主催した、日本介助犬協会からは、「1組でも多くの介助犬使用者&介助犬ペアを誕生させられるよう、また、1人でも多くの方に介助犬の素晴らしさを知っていただくことを願っています」とのこと。「いぬのきもち」としても応援していきたいと思います。

※介助犬は、手や足が不自由な方に寄り添い、指示した物を持ってくる、ドアを開ける、靴を脱がせるといった生活動作を手助けする犬です。盲導犬・聴導犬と共に『身体障害者補助犬』として法律で認められていますが、全国の実働数は75頭(2018年5月1日現在)と少なく、認知度が低いことが課題です。

文/いぬのきもちWEB MAGAZINE編集室
情報・画像提供/社会福祉法人 日本介助犬協会

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る