1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 「犬と暮らすのはまだ先」佐藤二朗さん、ドラマ「柴公園」出演を語る 後編

犬が好き

UP DATE

「犬と暮らすのはまだ先」佐藤二朗さん、ドラマ「柴公園」出演を語る 後編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 放送中のドラマに続き、劇場版の公開も待たれる「柴公園」。出演中の佐藤二朗さんに、作品や犬への思いをお尋ねするインタビューの後編をお届けします。犬や愛犬家に対する、佐藤さんの心境の変化とは?

前編やほかの柴公園の記事はこちら

犬にはまったく興味がなかった


――犬を飼っていたことはありますか?

佐藤 ないです。以前、「幼獣マメシバ」シリーズのプロモーションでバラエティ番組に出た時に、「犬にはまったく興味がない」と言い続けて、司会の今田耕司さんから「なんやキミ!」って冗談交じりに怒られました(笑)。でも最近は、犬を飼っている家庭を「ちょっとうらやましいかも」と思うように……。

――「うらやましい」という思いについて、もう少し詳しく聞かせてください。

佐藤 前は“犬は家族”みたいな話を聞いても、「ホンマかいな?」って思ってたんです。だけど、犬と暮らすことで人生に彩りが加わったり、心が豊かになることがあるのかも知れないって思えるようになってきたんです。

――何がきっかけで、そう思えたのでしょう?

佐藤 子どもが生まれたからなのか、それとも10年間も犬と共演しらからなのか、ハッキリした理由は自分でもわかりません。でも、ふと「犬と暮らすのってすごいことかも」って。

――では、佐藤家が犬を飼い始める日は近い?

佐藤 いや、それはないですね。先日「息子の情操教育にいいかも」と、妻に犬を飼う提案をしたんですけど「風の日も雪の日も散歩に連れていけるの?」「命を預かる覚悟がないなら飼っちゃダメなんだからね」って言われて、改めてその通りだなって思ったので。

――そうだったんですね。

佐藤 犬と一緒に生きる覚悟をした人だけが、人生の彩りを得られると思うんです。それが自分にはできないからこそ、犬を飼っている人がうらやましいのかもしれません。

犬好きはもちろん、好きでも嫌いでもない人も見てほしい

ドラマ柴公園
(C)2019「柴公園」製作委員会

――「柴公園」のあたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)が、パートナー犬をかわいがっている様子を見て、佐藤さんの感想は?

佐藤 単純に「いいなぁ」って思いますよ。3人ともプライベートでも犬好きだとか。結局犬に興味を持てないままの僕からすると、それもまたうらやましいんですよね。

――最後に、ドラマ「柴公園」の最終回や、劇場版「柴公園」をどんな人に届けたいですか?

佐藤 犬好き、動物好きな方はもちろんですけど、僕みたいに“動物が好きでも嫌いでもない人”にこそ見てほしいですね。“犬はいるだけ”“人もダベってるだけ”という作品なんですけど(笑)、人と犬のベストな関係性を模索するのに最適な作品なので、僕もしっかり味わおうと思っています。

撮影/キム・アルム
文/澤井 一

<プロフィール>
佐藤二朗 : 1969年5月7日生まれ。愛知県出身。
1996年に演劇ユニットちからわざを旗揚げし、全公演で作・出演を務める。多数のドラマや映画に出演するほか、自ら脚本・監督を務めるなどマルチな才能を発揮している。主演作のドラマ&映画「幼獣マメシバ」はシリーズ化され4作が公開。本作でも同役で出演している。主な出演映画作は、「銀魂」(2017)「斉木楠雄のΨ難」(2017)「blank13」(2018)「ザ・ファブル」など。

柴公園 公式HP

(C)2019「柴公園」製作委員会

古い街に突如建ったタワマンに越してきた新参者にして「柴の飼い主」であることが共通点のおっさん3人。お互いの名前も知らない3人がダラダラと繰り広げるおしゃべりを中心に繰り広げられる新感覚のドラマ。連続ドラマに続き、6月14日には映画公開も決定。ドラマは2019年1月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、テレ玉、チバテレほか全国12局以上で放送中。ドラマ1話~5話を収録した「柴公園 序 それにつけても、尻尾がカール」DVDがレンタル中。ドラマ6話~10話を収録した「柴公園 破 24時間ダベられますか?」DVDが4月2日レンタル開始。そして、映像特典満載のドラマDVD-BOXが4月26日に発売。
(C)2019「柴公園」製作委員会 

「柴公園」の魅力に迫る期間限定連載はこちら!

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る