1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 飼い方
  4. ジャーマン・シェパード・ドッグって?今話題の犬に注目

犬が好き

UP DATE

ジャーマン・シェパード・ドッグって?今話題の犬に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国次期大統領の愛犬として話題の「ジャーマン・シェパード・ドッグ」。今回は、そんなジャーマン・シェパード・ドッグの歴史や見た目・性格の特徴、飼うときの注意点について解説します。いぬのきもち公式アプリに投稿された、かわいい画像も必見ですよ!

ジャーマン・シェパード・ドッグの歴史

ersyちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ジャーマン・シェパード・ドッグは、19世紀後半、ドイツ中部や南部の牧羊犬から誕生したといわれています。意外にも歴史は新しいですが、世界中で愛される犬種のひとつといえるでしょう。

現在は、家庭犬として人と暮らすのはもちろん、警察犬や盲導犬、麻薬探知犬や捜索救助犬など、さまざまな場面で活躍しています。

ジャーマン・シェパード・ドッグの見た目の特徴

ジャーマンシェパードドッグのART(アート)ちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

まるで”オオカミ”を思わせる、筋肉質でがっしりした体型が印象的なジャーマン・シェパード・ドッグ。成犬時の標準体重は、オスが30~40kg、メスは22~32kg程度とされ、大型犬に分類されています。

子犬のうちは顔が丸く耳も垂れていますが、成犬になると耳がピンと立って凛々しい姿になるでしょう。

毛色の種類

ブラック、もしくは、グレーの単色のほか、ブラックの地にブラウンやイエローなどのマーキング入った毛色がスタンダードです。被毛の長さは、「シュトックハール」と呼ばれる短毛と、「ラングシュトックハール」と呼ばれる長毛が認められています。

ジャーマン・シェパード・ドッグの性格の特徴

ジャーマンシェパードドッグのクレアちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ジャーマン・シェパード・ドッグは、賢く理解力や洞察力に優れ、飼い主さんに対する忠誠心が強く従順な性格とされているので、日常的なしつけは比較的早く覚え、しっかりと応えてくれるでしょう。

また、見た目のワイルドさや、警察犬としてのイメージなどから、「怖い犬種」といったイメージをもたれがちですが、信頼している家族に対しては愛情表現が豊かで、甘えん坊な一面もみられます。

ただし、警戒心の強さから、なかなか相手を信用しない部分もあるので、日々のコミュニケーションでしっかりと信頼関係を築くことが大切です。

ジャーマン・シェパード・ドッグを飼うときの注意点

ジャーマンシェパードドッグのersy
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ジャーマン・シェパード・ドッグは、体が大きくかなり活動的な犬種なので、散歩などの運動時間をきちんと確保する必要があります。

また、力も強いので、興奮してほかの人や犬に飛びついたり、散歩中にリードを引っ張ったりしないように、「マテ」や「クールダウン」のしつけを徹底するほか、「ツイテ」の指示で飼い主さんと並んで歩くように教えることは必須といえるでしょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグは魅力あふれる犬種♪

さくらちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ジャーマン・シェパード・ドッグは体が大きくパワフルな犬種なので、大型犬をコントロールするテクニックや体力に自信がある人向きの犬種といえますが、甘えん坊な一面もあるなど、知れば知るほど魅力的ですね。

ちなみに、ジャーマン・シェパード・ドッグなどの大型犬は、食費や医療費などが小・中型犬よりも多く必要になるので、迎え入れる場合は生活コストについてもよく考えることが大切ですよ!

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴と性格・価格相場|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 危機管理学修士 福山貴昭先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で「ジャーマン・シェパード・ドッグ」として投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る