1. トップ
  2. 犬が好き
  3. エンタメ
  4. インスタグラム
  5. 外の世界を知らなかった元繁殖犬が同じ境遇だった犬と家族になり、見違えるほどの姿に

犬が好き

UP DATE

外の世界を知らなかった元繁殖犬が同じ境遇だった犬と家族になり、見違えるほどの姿に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬と初めて出会ったとき、自然と「このコと家族になろう」という気持ちになった人もいると思います。

(写真左から)ぐらちゃんとむぎちゃん
@ayako_mugi

Instagramユーザーの@ayako_mugiさんは、2017年7月10日に、元繁殖犬だったむぎちゃん(♀・推定9才)と家族になりました。

むぎちゃんとの出会いについては、以前いぬのきもちWEB MAGAZINEで紹介したのですが、なんとその後、同じような境遇で生きてきた元繁殖犬・ぐらちゃん(♀・推定8才)も迎え入れていたそうです。

そこで今回は、ぐらちゃんとの出会いや今の暮らしについて、飼い主さんにお話を聞いてみました。

無表情で座っているぐらちゃんを見て、むぎちゃんの姿と重なった

ケージの中で無表情で座るぐらちゃん
ケージの中で無表情で座るぐらちゃん
@ayako_mugi

むぎちゃんと同じく元繁殖犬だったぐらちゃんは、保護活動も行なっているトリマーさんたちのボランティア団体に保護されました。そして、飼い主さんご夫婦が住んでいる地域のペットショップがぐらちゃんを一時預かりしながら、新しい飼い主さんを探していたのだそう。

そんなある日、たまたまそのペットショップに足を運んだ飼い主さんご夫婦が、ぐらちゃんと出会ったのでした。

初めて抱き上げたときにこわばった表情を見せるぐらちゃん
初めて抱き上げたときにこわばった表情を見せるぐらちゃん
@ayako_mugi

飼い主さん:
「ぐらは、たくさんのお客さんたちの注目を浴びる子犬たちとは離れた別室にいました。ケージの中で無表情で座っているぐらを見たとき、出会った日のむぎを思い出し、重なったんです

ぐらを抱き上げると、頭の先から足先までガタガタと全身で震えていました。ぐらを迎えることで、むぎの心身にストレスや不安がかからないかがなによりも気がかりでしたが、きっと同じ生い立ちのふたりなら良い仲間になるだろうと思い、その日のうちにトライアルでぐらを自宅へ連れて帰ったんです」

家に向かうときに笑顔を見せたぐらちゃん
家に向かうときに笑顔を見せたぐらちゃん
@ayako_mugi

2頭目を迎えるとは思ってもいなかったけれど、ぐらちゃんを家族に迎えることに、飼い主さんもご主人も不思議と迷いがなかったといいます。

そして2019年7月7日、ぐらちゃんは飼い主さんご夫婦とむぎちゃんのいるお家で暮らすこととなったのでした。

先住犬・むぎちゃんのまねっこをしながら、ぐらちゃんは日々いろんなことを吸収

笑顔のぐらちゃんとむぎちゃん
(写真左から)ぐらちゃんとむぎちゃん
@ayako_mugi

飼い主さんご夫婦のもとで、家庭犬としての生活をスタートさせたぐらちゃん。性格はとにかく甘えん坊のおてんば娘で、愛嬌たっぷりなのだそう。ぐらちゃんはなんでもむぎちゃんの真似をするかのように、いつもむぎちゃんの後をついて回っていたのだそうです。

ドッグランデビューをしたぐらちゃん
ドッグランデビューをしたぐらちゃん
@ayako_mugi

温厚でおっとりな性格だというむぎちゃんですが、ぐらちゃんに先輩らしく怒っているような姿を見せることもあったそう。

家庭犬としてまだ慣れていないぐらちゃんに対して、むぎちゃんなりに「家庭生活のイロハを教えていたのかもしれない」と、飼い主さんは感じたそうです。

最初は外を歩くことも、かけっこもうまくできなかったぐらちゃんだったけれど、今ではすっかり散歩が大好きに。むぎちゃんのおかげで、ぐらちゃんは飼い主さんの家での生活に早く馴染むことができたようです。

ぐらちゃんとむぎちゃんは、姉妹のような関係性に

まったりするぐらちゃんとむぎちゃん
(写真左から)むぎちゃんとぐらちゃん
@ayako_mugi

むぎちゃんからたくさんのことを教わっているというぐらちゃん。2頭の姉妹のようなやりとりを見ていると、とても微笑ましい気持ちになると飼い主さんは話します。


飼い主さん:
「甘ったれなぐらはむぎにひっついて寝るのが好きなのですが、最初は拒絶していたむぎも、だんだんとぐらの甘えを『しょうがないなぁ』と言わんばかりの表情で受け入れてくれるようになりました」

ぐらちゃんが来てから、むぎちゃんに変化が

笑顔のぐらちゃんとむぎちゃん
(写真左から)ぐらちゃんとむぎちゃん
@ayako_mugi

また、ぐらちゃんを家族に迎えたことで、むぎちゃんにもいい変化があったのだとか。ぐらちゃんが家族になる前まで、むぎちゃんはごはんを食べることにあまり関心がなく、フードを残すことが多かったのだそう。

でも、ぐらちゃんが来てからは完食するようになったのだとか! ぐらちゃんにとられたら大変だと思ったのか、毎回キレイにフードをたいらげるようです。そんな姿を見て、飼い主さんは 「良き仲間、良きライバル、良き家族になってくれて嬉しいです」と話していました。

ぐらちゃん・むぎちゃんには、たくさんのことを経験させてあげたい

うちのコ記念日を祝ってもらう、ぐらちゃんとむぎちゃん
(写真左から)むぎちゃんとぐらちゃん
@ayako_mugi

ぐらちゃんと家族になって1年半、むぎちゃんは3年半。飼い主さんご夫婦のもとで暮らす2頭は、顔つきがとても穏やかになり、表情豊かになりました。街を歩いていると、「姉妹や親子ですか?」と声をかけられることも多いのだそう。

2頭は生まれも年齢も異なりますが、生活環境によってこんなにも変わるんだということを、飼い主さんは日々感じているといいます。


飼い主さん:
「このコたちにも感情、そして生命があるんだという、とても当たり前のことをふたりとの生活を通して、痛感しています。だからこそ、保護犬猫たちの存在やパピーミルの現状など、動物たちをとりまく環境についてもっと多くの人たちに伝わってほしいと、切に願います」

キャンプを楽しむぐらちゃんとむぎちゃん
(写真左から)むぎちゃんとぐらちゃん
@ayako_mugi

生まれてから繁殖犬として、外の世界を知らずに生きてきたぐらちゃんとむぎちゃん。飼い主さんご夫婦は、2頭と常に一緒にいられて一緒に楽しめるキャンプに出かけることが多くなったといいます。


飼い主さん:
「むぎとぐらには、とにかくたくさんの遊び、楽しみ、体験をさせてあげたいと思っています。自宅ではとことん安心できるくつろぎの時間を、そして遊びに行くときは大自然を思いっきり楽しみ、時間を一緒に重ねていきたいです。 むぎぐらと過ごす『これから』が、とっても楽しみです」

ぐらちゃん・むぎちゃんの日常はInstagramで!

お出かけを楽しむぐらちゃんとむぎちゃん
(写真左から)ぐらちゃんとむぎちゃん
@ayako_mugi

飼い主さんご夫婦のもとで、第2の犬生を思いっきり楽しんでいるぐらちゃんとむぎちゃん。幸せいっぱいで、笑顔あふれる日々の様子は、ぜひInstagramでもご覧ください。

参照/Instagram(@ayako_mugi
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る