1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 皮膚・毛の異常、症状
  4. 11歳になる愛犬の胸のところにしこりができ、動物病院で診ていただいたところ悪性腫瘍と診断されました。突然のことで気持ちの整理がつきません。

Q&A病気・健康

UP DATE

11歳になる愛犬の胸のところにしこりができ、動物病院で診ていただいたところ悪性腫瘍と診断されました。突然のことで気持ちの整理がつきません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11歳になる愛犬の胸のところにしこりができ、動物病院で診ていただいたところ悪性腫瘍と診断されました。突然のことで気持ちの整理がつきません。

突然のことでとても驚かれたと思います。ご相談者様が愛犬のことをしっかりとみていたからこそ胸のできものに気づくことができたのだろうと思います。最近では犬の平均寿命も長くなり、シニアの犬で腫瘍が見つかるということは少なくありません。悪性腫瘍であれば、やはり今後の治療の選択などいろいろ悩まれることが多いかと思います。かかりつけの動物病院でも、愛犬の年齢やその他の基礎疾患、飼い主さんのご希望などを考慮してさまざまな選択肢を提示していただけるものと思います。ご家族や担当の獣医師とよくご相談の上、納得のいく方法をご選択されますよう願っております。

ミニチュア・ダックスフンド|♂|10歳3カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A病気・健康

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「ミニチュア・ダックスフンド」の新着記事

新着記事をもっと見る