1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 動作・意識の異常、症状
  4. 12歳のオスのダックスフンドです。かかりつけの動物病院で、自分の足を噛むのはストレスと言われました。歯磨きガムをやめたほうがよいと言われましたがそれはどういうことでしょうか。

Q&A病気・健康

UP DATE

12歳のオスのダックスフンドです。かかりつけの動物病院で、自分の足を噛むのはストレスと言われました。歯磨きガムをやめたほうがよいと言われましたがそれはどういうことでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12歳のオスのダックスフンドです。かかりつけの動物病院で、自分の足を噛むのはストレスと言われました。歯磨きガムをやめたほうがよいと言われましたがそれはどういうことでしょうか。

かかりつけの獣医師がおっしゃるように、犬が自分の足先を舐めたり噛んだりするのはストレスや暇つぶし、クセなどの場合がありますが、足や皮膚に異常があって行っている行動の可能性もあります。ご相談の愛犬は一度動物病院にかかられているということなので、おそらく皮膚や足の異常があればその指摘を受けているでしょう。ではストレスであるとすると、心当たりはありますでしょうか? その愛犬の性格をよく考えて思い当たるストレスを排除してあげてください。また、遊び足りない運動が足りないかまってもらえていないというのも犬にとってはストレスになります。生活リズムを見返して愛犬との時間を増やしてあげるのも解決策になるかもしれませんね。かかりつけの獣医師が歯磨きガムをやめたほうがいいとおっしゃった理由ははっきりしませんが、もしかすると、歯磨きガムの成分が皮膚にかゆみを引き起こしていて気にして噛んでいると考えられたのかもしれませんね。食物アレルギーで皮膚に病変はなくても、かゆみや違和感を起こすことがあります。歯磨きガムを一度やめてみて様子をみるのも1つの方法ですね。

ミニチュア・ダックスフンド|♂|12歳10カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A病気・健康

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「動作・意識の異常、症状」の新着記事

新着記事をもっと見る