1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 動作・意識の異常、症状
  4. 10歳の柴犬です。散歩中に、ハァハァと息が荒くなります。心疾患があるのですが関係ありますか。

10歳の柴犬です。散歩中に、ハァハァと息が荒くなります。心疾患があるのですが関係ありますか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10歳の柴犬です。散歩中に、ハァハァと息が荒くなります。心疾患があるのですが関係ありますか。

心疾患になると、全身に十分な血液が通わなくなります。血液の中には酸素と栄養素が含まれていますので、十分な血液が全身に運ばれなくなるということは、体中の酸素が足りなくなるということです。

ですから、舌が紫になってしまったり、疲れやすくなります。また、一度息切れてしまうと、なかなか元の状態に戻らなくなってしまうこともあります。

ご相談者様の愛犬が散歩中にハァハァするのは、酸素不足による息切れで、心疾患の症状の一つと考えられます。散歩は、距離を短くし、愛犬のペースに合わせてゆっくり歩いてくださいね。

柴|♂|10歳2カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

Q&A病気・健康

更新

関連するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「動作・意識の異常、症状」の新着記事

新着記事をもっと見る