1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 連載
  4. 『マメシバ一郎』第11話 2014年5月2日放送|いぬドラ“わんこが主役!!”

犬と暮らす

UP DATE

『マメシバ一郎』第11話 2014年5月2日放送|いぬドラ“わんこが主役!!”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マメシバ一郎』第11話 2014年5月2日放送

CS放送局のアニマルプラネットが毎週金曜日の夜8時を「いぬドラ」として、かわいい犬の癒しと感動の犬のドラマを続々放送!
初回は大人気の「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」!! 今回は第11話をご紹介!

いぬのきもちWeb編集室の 第十一話ココが見どころ!

【マメシバ一郎の寝顔の破壊力!】
仁政と陣内がかつての芝邸で、二郎に真実を打ち明ける場面。
憤慨する二郎とは対照的に、マメシバ一郎が畳の上でとびきり可愛い寝顔を見せてくれます。チラリと見える小さな黒い肉球も必見!
二郎が預かるフレンチ・ブルドッグの子犬も登場し、犬萌えポイント満載の11話。

第十一話 「自分が正しいと思った時から、すべての間違いが始まるのだ」

一郎をネットオークションに勝手に出品して詐欺行為を働いていたのが、仁政(野間口徹)だと判明。
二郎(佐藤二朗)は仁政の後を着けて行くと、なんと借金の肩に売られた芝家に辿り着いた。

母・鞠子(藤田弓子)の仕業だったと確信した二郎は仁政に真実を話せと迫る。
とぼける仁政だったが、そこにオークションの落札者の陣内が現れて全てを告白する。

全てを知った二郎は一郎を使って抗議ビデオを鞠子に送る事にした…

©2012 「マメシバ一郎フーテンの芝二郎」

「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」とは?

『幼獣マメシバ』『マメシバ一郎』で多くの視聴者から大反響を受けて、スタッフが再集結。満を持して続編が帰ってきました。
前作でついに職を得て脱ニートを果たし、「社会人」として二郎は歩き始めました。しかし、環境の変化によってココロのバランスを崩した、ソウルメイトの一郎との真の絆を勝ち取る為に、真っ向から"しつけ"に向き 合います。
急上昇した二郎の成長曲線は、この先どんな弧を描くのか。どんな人でも、繋がっている「社会」と「他人」。どんな時でも、正しい距離感で付き合うのは難しい。それでも、誰もが優しい気持ちで接する事が出来たら、それはとても素敵なこと。そんな温かいココロが芽生えるドラマです。
主人公の芝二郎を演じるのは佐藤二朗。その他、実力派個性俳優が勢ぞろい。
藤田弓子、志賀廣太郎、角替和枝、髙橋洋。さらに、今回気になるヒロインを南沢奈央が演じています。(全12話)

毎週金曜日「いぬドラ」時間
2014年3月28日(金) 20:00 スタート (2話連続放送)
毎週金曜20:00〜
再放送:土曜日9:00 他

詳しくはアニマルプラネットへ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る