1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. <PR>ドッグランにプール、薪焼き石窯ピザ。愛犬と手ぶらで楽しめる1泊2日のアウトドア体験~前編~

犬と暮らす

UP DATE

<PR>ドッグランにプール、薪焼き石窯ピザ。愛犬と手ぶらで楽しめる1泊2日のアウトドア体験~前編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプにBBQ、プールなど、アウトドアレジャーにぴったりの夏。愛犬と一緒に楽しみたいけれど、愛犬もOKな施設を探したり、準備するのは大変ですよね。そんな飼い主さんにおすすめなのが、都内最大級のドッグランがあり、キャンプやBBQを手ぶらで楽しめる「わんダフルネイチャーヴィレッジ」。その魅力を、「いぬのきもち」読者が1泊2日で体験しました!

愛犬と手ぶらでアウトドア♪わんダフルネイチャーヴィレッジ 詳しくはこちら >

安心して楽しむために。最初に、ワクチン接種の証明書を受付に提出!

今回体験してくれるのは…(右)ハナママ、サンタくん(オス・6才/7.2kg/ミニチュア・シュナウザー)(左)今出川佐代子さん。ひなたくん(オス・3才/7.0kg/ミニチュア・シュナウザー)

今回は、体験当日の朝10時30分に正門前で集合。まずは受付で、「狂犬病予防接種注射済」証明書と3種以上の「混合ワクチン予防接種証明書」(いずれも接種日和1年以内 ※1)を提出して、いざ、出発!

※1:ただし、病気などの理由でワクチンの接種ができない場合は、医師から交付された免除の証明書を持参

暑い昼はドッグプールが気持ちいい!浅瀬でのボール遊びに大はしゃぎ♪

気温が高い昼間はプールでクールダウンがおすすめとのことで、受付後はドッグプールエリア(※2)へGO! 早く遊びたい気持ちをぐっと抑えて、まずはシャワーで汚れをきちんと落とします。プールは全犬種用の大きなプールと、小型犬用の小さなプールがあり、どちらも遠浅。ライフジャケットとブラーを無料で借りることもできるので、泳ぎが得意でなくても十分楽しめるのが魅力です。

この日、サンタくんとひなたくんは小型犬用のプールで大ハッスル! 泳げない代わりに、浅瀬でのボールの取り合いを楽しんだ様子。ただし水の中は体力を消耗するので、15分ほど遊んだら十分な休憩をとりましょう。すぐ隣にはドライヤーブースが併設されているので、上手に活用してくださいね。

※2:ドッグプールでは、救助などの特別な理由がない限り、人が泳ぐのは禁止です

ランチも愛犬と。併設のレストランで薪焼き石窯ピザや地元野菜を堪能

プールのあとは、施設内にあるカフェレストラン「AZEKIRIあぜきり」へ。こちらは店内もテラス席も犬と同伴OKですが、この日はお天気がいいのでテラス席へ。

メニューは、人気の薪焼き石窯ピザや本格派のパスタから、地元野菜を使ったサラダやヘルシーなドリンクまで豊富。二人はピッツァマルゲリータ(950円)に八王子ベーコンのシーザーサラダ(650円)、ジェノベーゼ(900円)などを仲良くシェア。テーブルや柱などそこかしこにリードフックが付いているので、愛犬と一緒でも落ち着いて食事ができます。

週末なら、気軽にテイクアウトもおすすめ。「AZEKIRIあぜきり」では、週末のみ併設の「Café Village」がオープン。人気のやわらかカツサンド(602円)のほか、フライドチキンやスパイシーポテト、ペット用ドリンク、人用飲料水などがあります。

ドッグランでまたまたボール遊び!愛犬の暑さ対策もバッチリで感動!

おなかがいっぱいになったら、都内最大級のドッグランへ! 施設内には広大な全犬種エリア、中・大型犬専用エリア、小型犬専用エリア、シャワー併設の屋根付きエリアと4タイプのドッグランがあり、天気や気分に合わせて選べます。

仲よしの2頭はハナママさん手づくりのおそろいのウエアを着て、またまたボール遊びに夢中。広々としたドッグランだから、思いきり走れますね。

後半は、いよいよオートキャンプエリアでのディナーとハイキングの様子をリポートします。愛犬も一緒に眠れる広々としたテントも要チェックですよ♪

ドッグプールにオートキャンプ、ハイキングも♪わんダフルネイチャーヴィレッジ 詳しくはこちら >

協力/東京サマーランド
撮影/秋馬ユタカ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る