1. トップ
  2. 犬が好き
  3. マロたん旅に出る・準備編

マロたん旅に出る・準備編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6歳にして初めての旅

マロたんと旅に出ることにしました。
友人宅での宿泊経験はありますが、いわゆる旅館やホテルでのお泊りは初めて。なぜなら、マロたんはおうちが大好きなので、無理に連れて行っても喜ばないだろうと思っていたからです。そんなマロたんとの旅を決めたのは、同居している母が「死ぬまでに一度でいいからマロンと旅がしたい」と呟いたことでした。そこまで言うのなら行こうじゃないか!(ちなみにうちの母は60代で持病もなくピンピンしております笑)

だけど、犬連れ旅って何を持って行けば良いのだろう?
こんな時に頼りになるのはInstagramきっかけで仲良くしている奥様たち。犬連れ旅に必要なものは何?と質問したところ、こぞって「カート(バギー)を買うべし」とのお言葉が。ほほう、カートね。

まずは、カートを購入

わかった!買う!と答えたものの、6歳にして初カートのマロたんがおとなしく乗ってくれるとは限らないので、高額なものを購入して無駄になるのは困る…とお手軽価格の物を選びました。耐重25kg以下、マロたんがフセできる広さ、折りたたみも簡単で折りたたんだ際に自立する、も条件に追加。

Googleフォト

「なにこれ?超ラクなんですけど」
選んだのはこちらです。シンプル。近所の公園の駐車場で試運転をすると、自分で歩かなくても移動できるなんて素敵〜とばかりにご機嫌なマロたんです。嫌がるとか、不安そうとか、そう言った感情はないようです。さすがマロたん、少々のことでは動じません。

Googleフォト

「早く押してくれないかしら?」
この調子なら旅先でも落ち着いて乗っていられることでしょう。旅先には有名な神社があるのですが、ネットで調べたところペットOKとの記載が。念のため電話で犬を連れて参拝させていただけるかを確認すると「抱っこかカートなら大丈夫です」と。やったー!カートのおかげで旅がもっと楽しめそうです。

旅先での万が一に備えて

ウキウキ気分とばかりはいかないのが、マロたんにのみ心配性を発揮するわたしの性分。

いつもなら呼び戻しは得意なマロたんですが、知らない場所でもし万が一首輪が抜けたら…ハーネスが壊れたら…そしてそのままどこかに走って行ってしまったら…と妄想が始まると止まりません。ですので。念には念を入れましょう。

Googleフォト

「またママの心配性がほとばしっています」
心配性をほとばしらせながら迷子札を買いました。ずっと買わなくちゃ、着けなくちゃ、と思っていたのですが自分好みのものが見つからなくてここまで来てしまいました。肉球とか骨とか、わんこグッズってそんなのばかり。うーん…。

Googleフォト

「毛に埋もれて見えません」
そんな時にハンドメイドジュエリーの作家さんが作ってらっしゃる迷子札に出会いました。マイクロチップ装着済みだしとか、鑑札着けれいればいいんじゃないかとか、そんな自分の中の言い訳が吹き飛ぶほどの出会い。

Googleフォト

「My name is Marron!」
画像ではわからないのですが電話番号の刻印もあるので、もしもの時には心強いです。お世話になることがないように気を引き締めるのが大事だけども!

Googleフォト

「おうちだいすき…むにゃむにゃ…」
おうち大好きなマロたんを連れ出すことに不安がないと言えば嘘になります。だからこそ準備は大事!その反面、人が大好きなマロたんなら旅で出会う人と良い思い出を作れる気もするのです。

うん、マロたんのポテンシャルの高さを信じていってきまーす!

(犬連れ旅マスターの奥様たちがくれたアドバイスは他にもあるのですが、それらが役に立ったか否かは、またお伝えしますね♪)

犬が好き

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る