1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護犬
  5. 犬を飼いたかった飼い主一家が迎えたのは、野犬の子犬 はじめは「不安」も、心配を吹き飛ばしたお迎え初日の姿

犬が好き

UP DATE

犬を飼いたかった飼い主一家が迎えたのは、野犬の子犬 はじめは「不安」も、心配を吹き飛ばしたお迎え初日の姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Good Luck——これからの犬生が素敵な運に恵まれますように…との願いを込めて、ラックと名づけました」と話すのは、Instagramユーザーの@good_luck_824さん。
家族になったばかりの頃のラックくん
家族になって7日目のラックくん
@good_luck_824
2021年10月、飼い主さんご家族は、元野犬だったラックくん(取材当時、推定生後11カ月)を家に迎えました。ラックくんとどのように出会い、現在どのような日々を過ごしているのでしょうか。

ラックくんとの出会い

出会った頃のラックくん
出会った頃のラックくん。ラックくんは9きょうだいだったそう。
@good_luck_824
ラックくんは、茨城県の山の中で産まれた元野犬。きょうだい犬とともに捕獲されて保健所にいたそうですが、ある保護団体によって引き出されたのだそう。

ちょうどその頃、飼い主さんご家族は犬を家族に迎えることを考えていました。飼い主さんとご主人は子どもの頃に犬と暮らしており、以前から「いつか犬を迎えたい」という思いを抱いていたのだそうです。
家に迎えた頃のラックくん
@good_luck_824
ご夫婦の3人のお子さんたちも犬が好きで、次第に「犬と暮らしたい」と思うようになっていたそう。飼い主さんは、育児に余裕が持てるようになったタイミングだったこともあり、保護犬について調べるようになり、家族で犬を迎えることについて話し合う機会が増えたといいます。
飼い主さん:
『1頭でも殺処分されてしまう犬を減らしたい』との思いがあり、家族で話し合って、保護犬を迎えることを決めていました。

でも、小さな子どもがいると譲渡条件が厳しい保護団体もあることがわかり、諦めかけていたのですが、そんなときにラックたちの募集情報を見つけたんです」
家に迎えた頃のラックくん
@good_luck_824
すぐに面会の予約を入れた飼い主さんご家族は、保護施設を訪れることに。そこには、ラックくんときょうだい犬たち、さらに他の子犬たちもおり、合計12頭いました。

面会で犬たちと触れ合っているなかで、ご家族は次第にラックくんに惹かれていったそうです。
飼い主さん:
「どのコが我が家に合うだろうかと、触れ合いながらじっくり考えていました。ずっと吠えているコ、動き回っているコ、興奮してるコと、いろいろなコがいるなかで、マロ顔が印象的なラックは、何もアピールすることなく、少し怯えながら私たちと関わらないようにしている感じでした。

その場で家族会議を開くと、みんなラックに惹かれていた様子で。ラックを引き取ることに決めたんです」

不安なこともあったけれど、ラックくんはすぐに環境に慣れてくれた

ヘソ天するラックくん
@good_luck_824
ラックくんを家族に迎えることになった飼い主さんご家族。飼い主さんとご主人は犬との暮らしは久々で、室内犬を飼育するのは、はじめてのことでした。

ラックくんは元野犬ということもあり、はじめは不安も大きかったそうですが、ラックくんの様子を見て気持ちに変化があったといいます。
外に慣れる練習をするラックくん
@good_luck_824
飼い主さん:
「私たちの心配をよそに、ラックは初日からごはんをモリモリ食べて完食。トイレもしっかりでき、怯えることもなく、私たちにしっぽをフリフリしてくれていました。

初日からリラックスした様子のラックの姿を見て、『このコは大丈夫だな!!』と、不安がスーッとなくなったことを思い出します」
眠るラックくん
@good_luck_824
飼い主さん:
「2日目から甘噛みや、『かまって!』『遊んで!』のアピールも始まり、ラックは環境の変化にも動じず、のびのびと過ごしていました。

一緒に暮らし始めた頃は、トイレトレーニングやしつけ、夜鳴きなど、『赤ちゃんがひとり増えた感じ』で大変なこともありましたが、今はだいぶ落ち着きましたね」

ラックくんに出会えたことに感謝する日々

お散歩をするラックくん
@good_luck_824
臆病で警戒心が強く、ビビりなところがあるけれど、とにかく穏やかで優しい性格だというラックくん。人にも犬にも好かれるタイプだそうで、お散歩では積極的に挨拶に行っているのだとか。

自分よりも体の小さい動物や、お子さんたちにも優しく接しているラックくんの姿を見ると、飼い主さんはとても微笑ましい気持ちになるといいます。
見つめるラックくん
@good_luck_824
健やかに成長していくラックくんの姿を、日々見守っている飼い主さんご家族。成長や変化を見せているのはラックくんだけでなく、飼い主さんは「家族にも嬉しい変化があった」と感じているそうです。
飼い主さん:
「ラックを迎えてから、家族5人で過ごす時間が本当に多くなり、『家族で何かをする』ということが増えました。ラックのおかげで、家族の絆がより深まった気がしますし、明るくて楽しい充実した毎日を過ごせていますね」
笑顔が可愛いラックくん
@good_luck_824
今年の8月の誕生日で1才になるラックくん。ラックくんとの出会いを振り返り、今どのようなことを思うのか——飼い主さんは、このように思いを話していました。
ドッグランを楽しむラックくん
@good_luck_824
飼い主さん:
「ラックに出会えたことに感謝し、ラックに『うちに来てよかった』と思ってもらえるように、愛情をたっぷり注いでいきたいです。ペットと飼い主ではなく、パートナーとして、たくさんの刺激や癒しを与え合えるような存在でいたいです。

そして、これからもラックと過ごせる日々を大切にしていきたいなと思っています」
写真提供・取材協力/Instagram(@good_luck_824さん)
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ
CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る