1. トップ
  2. 犬が好き
  3. スマホでワンちゃんを撮ってみよう!かわいく撮るコツを伝授します!

スマホでワンちゃんを撮ってみよう!かわいく撮るコツを伝授します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンちゃんをかわいく撮りたい!

ウインクでバッチリ決めているのは、ポメラニアンのココアくん!

最近のスマートフォンは色々な機能が付いていますが、その中でもカメラの性能は飛躍的に良くなっています。ワンちゃんを飼っている家庭では「スマホのアルバムはワンちゃんでいっぱい」なんて方も多いはず。スマホなら気軽に撮ることができるので、つい日常の風景でもシャッターを押してしまいますよね。

そんな中、「雑誌やブログで目にするような、絵になる写真をなかなか撮ることができない!」とお悩みではありませんか?動き回るし、スマホを構えると逃げてしまう。「やっぱりプロじゃないとかわいい写真は撮れないのかな?」なんてあきらめないでください!あなたにしか撮れないワンちゃんの姿があるはずです。

そこで今回は、「スマホでワンちゃんを撮る基本テクニック」をご紹介します。ココアくんのような、かわいいワンちゃんの写真を撮れるようになりましょう!

全体の構図を決めながらワンちゃんを観察!

チワワのラムネくんはコスプレ姿で登場!

最初に考えるのは、「どんな写真を撮りたいか?」ということ。自然に動き回っている日常を撮る、コスプレした可愛い姿を撮る、ぐっすり眠っている姿を撮るなどとワンちゃんの姿を想像して、あらかじめ撮影する構図を決めましょう。

シャッター音に慣れさせる

チワワのくろたんくんは見事なカメラ目線です!

ワンちゃんと飼い主さんとの間にある「スマホ」は、ワンちゃんにとって「謎の物体」です。写真を撮られることに慣れていないワンちゃんは警戒心を抱いてしまいます。「なんだ、この物体は?」と思っているところで「カシャッ」と聞きなれない音がすると、次にスマホを構えたときには、恐怖心から逃げ回ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、まずはスマホを見せながら、遊んだりおやつを与えたりして慣れさせましょう。次に、シャッター音を聞かせながら遊んでおやつをあげる、というように、徐々に慣れさせてくのがポイントです。スマホの存在を気にしないで居られるようにすれば、飼い主さんも落ち着いて構図を決められますね。

光の入り方に注意する!

チワワのチェリーちゃんはお外で撮影!

日差しが差し込む部屋や天気のいいドッグランなど、写真を撮るときには「明るい自然光」がベストです。暗い部屋で撮影するときは、ワンちゃんにライトを向けるなどして被写体を明るくすることを心がけてください。

特に、毛の長いワンちゃんを暗い場所で撮影するときには、光の入り方が重要です。光の無い暗い場所で撮影すると、長い毛が部屋の絨毯などに溶け込んでしまし、カメラが認識しづらくなります。そのためピントが合いにくくボケてしまうかもしれません。出来れば自然光。無理なら明るいところで撮影を心がけましょう!

飼い主さん「ならでは」の写真で楽しむ!

ゴールデン・レトリーバーのチャンプくんはセクシーポーズで!

ワンちゃんの表情はコロコロ変わり「この一瞬を逃したくない!」と思うときも多々あります。飼い主さんでしか撮れない写真もあるでしょう。

スマホでの撮影は基本さえ押さえておけば、ワンちゃんの写り方が変わってきます。常に携帯しておいて、「ここだ!」と思えるシャッターチャンスに出会えると嬉しいですね!

文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。

犬が好き

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る