1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 保護犬についてどこまで知ってる?愛犬が逃げた時の対処法もご紹介

保護犬についてどこまで知ってる?愛犬が逃げた時の対処法もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「保護犬」って何だろう?

飼い主都合の飼育放棄で捨てられたり、家から脱走したりして保護された犬たちは、警察の保管日数を過ぎると、保健所や動物愛護センターなどに収容され「保護犬」と呼ばれます。

みなさんは、保護犬と聞いた時にどのような印象を持つでしょうか?保護されているならきちんと飼育されているのだと思われる方もいるかと思いますが、保健所や動物愛護センターに収容された犬たちはそこにずっと保護されるわけではなく、引き取り期限が設けられることも多いです。

愛犬が保護犬とよばれてしまうきっかけは

では、今まで一緒にいた愛犬が保護犬になってしまうのはどんな場合でしょうか?

・散歩の途中、車のクラクションに驚いて逃げ出してしまった。
・雷の音に驚いた外飼いの愛犬が、首輪から抜け出して飛び出して行ってしまった。

こういった場合は飼い主さんが探し出すことが多いため保護犬になっても引き渡しが期待されますが、違う例では悲しい結末が待っていることもあります。

・ペット不可のマンションへ引っ越す際、飼い主が保健所へ持ち込む。
・一人暮らしの飼い主さんが亡くなったことで、親戚が犬を捨て野犬化。通報により保健所に収容されてしまう。

こういった場合だと、譲渡対象外になってしまうか、譲渡可能でも飼い主が見つからない場合があります。

愛犬が迷子になった!どうすればいいの?

「何かに驚いた愛犬がどこかへ逃げてしまった!どうしよう…」という場面では、多くの飼い主さんはパニックに陥るでしょう。しかし、1分1秒でも早く見つけてあげたい!そんな時には、素早い行動がカギです。

1. 近所や散歩道、いなくなった周囲を探索

意外と遠くへ逃げずに近くにいるかもしれませんので、名前を呼びながら探しましょう。また、愛犬のことを覚えていた人が、見つけたときに連絡をくれるかもしれません。

2. 地元の警察に連絡する

迷い犬が交番で保護された場合、警察署へ移されます。警察署に連絡を入れておけば、保護されたときに速やかに引き取ることができるでしょう。

3. ポスターを配る

愛犬の名前・犬種・特徴・性格などを記載した写真入りのポスターを近所へ配りましょう。その際には飼い主さんの名前や連絡先を目立つようにしておくと、連絡が入りやすくなります。また、SNSでの呼びかけも効果的です。電話番号などを載せなくても、相互フォローになればダイレクトメール上にて情報交換も可能です。載せる際には「拡散希望!」としておくと情報が入りやすいでしょう。

4. 保健所・愛護センターに連絡する

警察署での保護期間を過ぎると、保健所や愛護センターに移されます。一部の自治体では市役所や役場で管理をしている場合もあるので、念のため連絡をしておいた方が安心です。

保護犬を迎えたい!心構えを知っておこう

もしあなたが保護犬を迎え入れたいのなら、彼らの心情をしっかり知っておきましょう。保護犬の中には心に傷を負い、愛情に飢え、時には人間不信に陥っていることもあるでしょう。ボランティアさんのお宅である程度の社会性は身に付けられていることもありますが、全ての犬がすぐに新しい環境に馴染めるわけではありません。

根気よく付き合いながら信頼関係が築けたとき、過去に保護犬と呼ばれていた犬は初めてあなたの愛犬となるのです。もし既に犬を飼っているのなら、自慢の「愛犬」として、大事に育ててあげてくださいね。

出典/「いぬのきもち」16年9月号『保護犬が家族になるまで』
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る