1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬はなぜ悪夢を見るのか【穴澤賢の犬のはなし】

犬はなぜ悪夢を見るのか【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.34 犬はなぜ悪夢を見るのか

犬と暮らしている人は知っていると思うが、犬も夢を見るし、寝言もいう。犬自身ではないので確かなことはいえないが、そうとしか思えない。それまで静かに寝ていた犬のまぶたが何やら激しく動き出し、少し開いたかと思うと目を白黒させて、足をバタバタさせはじめる。そして口をもごもごさせながら、時に吠える。その様子は、まさに夢を見て寝言をいっているようにしか見えないのだ。

人間の場合、睡眠には「レム睡眠(浅い眠り)」と「ノンレム睡眠(深い眠り)」があり、このセットをだいたい90分周期で繰り返していて、主にレム睡眠のときに夢を見るといわれている。犬にもレム睡眠とノンレム睡眠があることがわかっているそうなので(犬は20分周期らしい)、別に夢を見ていてもなんら不思議ではない。

いぬのきもちweb

疑問なのは、犬が見ている夢がいつも「悪夢っぽい」ということだ。どういうことかというと、寝ながら足をばたつかせている様子が、夢の中で必死に走っているようなのだ。しかも、吠えたときの声が「キャンキャン」という感じで、まるで助けを求めている、あるいは恐いものに怯えているような鳴き声なのだ。そのような吠え方はふだんはまずしない。というよりも、大吉は日常生活で吠えることはほとんどない。

そんな大吉が「キャンキャン」吠えるんだから、よっぽど夢の中で怖い目にあっているのではないかと思ってしまうのだ。たとえば、背後に迫り来る何者かがいて、そいつから命からがら逃げている、というような。そんなことがたまにではなく、しょっちゅうある。何か過去にトラウマでもあるならいざ知らず、大吉はふつうの家庭で生まれて、子犬のころに我が家に来たのだから、恐怖体験などあるはずがない。なのになぜ、頻繁に悪夢(?)を見るのだろう。

いぬのきもちweb

ちなみに、それは富士丸も同じだった。富士丸もふだんはほとんど吠えない犬だった。それが寝言ではよく吠えていた。それも大吉と同じように「キャンキャン」という弱々しい声で。犬と暮らしている友人にそのことを聞いてみたことがあるが、その人も「そう言われれば、うちの犬もそうかも」と言っていた。ほかの犬はどうなんだろう。

いぬのきもちweb

富士丸も大吉も、なぜ悪夢にうなされるのだろう。幼いころに叱ったことはあるが、怯えてキャンキャンいうほど叱った覚えはないし、それほど恐い思いをさせたことはないはずなのに。人間だって何もなくても悪夢は見るものだが、我が家を見ている限り、その頻度があきらかに多いように思える。それとも普通の夢も見ているが、寝言をいうのが悪夢のときだけなので多いように感じるのだろうか。うーん、疑問だ。

ま、どんな夢を見ているのかは本人でなければわからないので、この謎が解けることはないのだろう。それはそれで仕方ない。が、やめてほしいのが、キャンキャン吠えて自分の声に驚いてガバッと起きたあと、たまに寝ぼけているのかなんなのか、こちらを見て「もう、何すんだよ」と人を責めるような顔をすることだ。知らんがな。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る