1. トップ
  2. 犬が好き
  3. そばにいればそれでいい【穴澤賢の犬のはなし】

そばにいればそれでいい【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そばにいればそれでいい

いぬのきもちweb

大吉と福助はよくいっしょに遊んでいるが、それは人の目があるときだけで、誰も見ていないときはそうでもないらしい。どうやら、犬はそばに人がいるかどうかが重要なようだ。

いぬのきもちweb

1日に何度かは大吉と福助のバトルがある。たいていはオモチャの奪い合いだったりするのだが、福助から挑発したり、逆に大吉から誘うこともある。共通しているのは、必ずだれかがそばにいるときだということ。留守番させている間は、どうやらあまり遊んでいないようだ。オモチャの散らかり具合などから、なんとなくわかる。

いぬのきもちweb

その証拠に、たとえば大福が遊んでいるときに2頭を2階のリビングに残し、1階にある風呂に入りに行ったりすると、途端にドタバタという足音がしなくなる。で、風呂から上がってリビングに戻ると、またドタバタがはじまったりする。気のせいかと思っていたが、どうやら人がそばにいるときに遊びたいらしい。

いぬのきもちweb

これはどの犬にも共通しているのかわからないが、大吉は福助が来る前から、私がそばにいるときにかぎってオモチャを破壊していた。見ていない間や、留守の間にオモチャと格闘することがほとんどない。よくわからないが「破壊しているオレを見て!」ということらしい。思い起こせば、富士丸もそうだった。なんとなく、その心境はわからなくもない。

いぬのきもちweb

けれど今は福助が来たんだから、遊びたければ勝手に遊べばいいじゃないかと思うのだが、どうも違うらしい。福助も人に見られているときのほうが、より燃えるようだ。「オモチャを奪い合っているオレたちを見て!」ということなんだろうか。そのあたりの心境はよくわからない。

いぬのきもちweb

彼らを見ていると、不思議に思うことがほかにもある。私は家で仕事をしているが、日中は大福にほとんどかまったりしていない。そのことを彼らもわかっているので、たいていは仕事部屋でゴロゴロと気ままに横になって昼寝をしている。1日の終わりに晩酌をしているときも、ちょっとなでたりすることはあるが、あまりかまっていないと思う。

いぬのきもちweb

というかそのころになると、何度かのバトルも終わり(途中で私もちょっと参加したり)、彼らも疲れて眠くなっているので、満ち足りた表情を浮かべながらソファでうとうとしていることが多い。そんな感じで、日中にしても、晩酌しているときにしても「今、俺がそばにいなくても別にいいんじゃない?」と思う時間帯は結構ある。

いぬのきもちweb

しかし、そうではないらしい。ふだんかまっていない時間帯にちょっと家を空けて戻ると、2頭して「どこ行ってたんだよもう!」という態度で飛びついてくる。「いや、いつも寝ている時間帯じゃんか、だから寝てればいいじゃん」と思うのが、そばに人がいるのといないのでは全然違うのだという主張が、彼らの態度から伝わってくる。

いぬのきもちweb

オモチャを破壊するのも見ていてほしいし、寝ているときもそばにいてほしいなんて、なんかおかしな奴らだなぁと思う。けれど、多くを望んでいるわけではない。ずっとそばにいてほしいだけなのだろう。そう考えると、こっちも同じなのか。こいつらがそばにいるのといないのでは、世界まで違って見えるのだから。おかしなのは、お互い様だった。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る