1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬と見る景色【穴澤賢の犬のはなし】

犬と見る景色【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と見る景色

いぬのきもちweb

犬飼いの醍醐味は「犬と行く旅行」なのではないかと思う。ふだんとは違う嬉しそうな表情で、ずっと目をキラキラさせている。何がそんなに嬉しいのだろう。

いぬのきもちweb

9月後半の週末に、山梨県の本栖湖へ行ってきた。湖畔にあるキャンプ場で(着いた日はあいにくの空模様だったが)犬連れの友人夫妻とバーベキューをしたり、犬たちにも鶏のムネ肉を焼いてあげたりしているだけで楽しかった。残念ながら自由に走り回れる場所はなかったが、彼らも終始楽しそうにしていた。

いぬのきもちweb

大吉と福助はイレギュラーなお出かけが大好きなので、ずっと目を輝かせている。そのせいで、ふだんは昼寝をしている時間もずっと起きているため、日が暮れると眠気に負けて船を漕ぎ出したりする。そんな姿を眺めるのがとても好きだ。「そうか楽しかったのか、よかったなぁ」と穏やかな気持ちになる。

いぬのきもちweb

翌朝はよく晴れて、湖の向こうに富士山が見えた。大吉と福助は、景色を見て特別な感情になることはないと思うが、自然の多いところにいるほうが生き生きしてるように見える。一泊の予定だったので、午前中には帰る準備をしてキャンプ場を後にした。道すがら、ドッグランを見つけては立ち寄ったり、休憩しながらのんびり帰路につく。

いぬのきもちweb

せっかくだから箱根あたりにも立ち寄って帰ろうということになり、車を走らせていたときのこと。突然「あ、俺、ここ通ったことある!」と感じた。そう、いつだったか、たしかにこの道を富士丸と通ったことがある。同時に、後部座席で目をキラキラさせていたあいつの姿が鮮明に蘇った。

いぬのきもちweb

実は、こういうことはよくある。なぜなら、富士丸とは「取材」という名目でしょっちゅうあちこちに遊びに行っていたからだ(後で私は原稿を書くが彼にとっては完全に遊び)。そのせいか、めったに行かない関東近郊の道路を走っているときにも「あ、ここも通った!」となることが結構あるのだ。

いぬのきもちweb

伊豆にもたくさん行ったし、群馬、千葉、大阪、那須高原(栃木)、八ヶ岳(長野)、岩手、そういえば北海道の富良野も、とにかく富士丸とはいろいろなところへ遊びに行ったものだ。そしてときどき、あいつと見た風景を思い出す。不思議なことに、そういう景色は忘れない。
楽しかったなぁ。たくさん遊びに行っておいてよかったと思う。

いぬのきもちweb

そうだな、大吉と福助とも、時間をつくってもっと一緒に遊びに行こう。本栖湖からの帰り道、富士丸の命日を前にそんなことを思ったのだった。

いぬのきもちweb

穴澤賢の最新刊『また、犬と暮らして。』発売中
Another Days
富士丸な日々
DeLoreans-shop

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る