1. トップ
  2. 犬が好き
  3. うれしいときだけじゃなかった! しっぽを振るときの意外な気持ちとは

うれしいときだけじゃなかった! しっぽを振るときの意外な気持ちとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しっぽで分かる感情表現!ネガティブな気持ちも隠されていた!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬がみせるしぐさでよく見かけるのは、しっぽを振るしぐさでしょう。ブンブンと勢いよくしっぽを振っている姿を見てると、かわいらしくて癒される人は多いですよね。しかし、犬がしっぽを振るときは「嬉しい!」という感情表現だけではありません。実は、ネガティブな気持ちもしっぽで表現していたのです。今回は、ゴキゲン気分以外の犬のしっぽで分かる感情表現をご紹介します。

ゆっくり振るしっぽは「ケンカするつもりはないよ」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬の散歩中、他の犬と遭遇することがありますよね。そのとき、愛犬が反対からやってくる他の犬を眺めながら、ユラユラとゆっくりしっぽを振っているときは、相手の様子をうかがっているとき。
このときの愛犬の気持ちは「攻撃するつもりはないですよ。でも、自信はあるけどね。」という感じでしょうか。

ピンっと立てて激しく振るしっぽ「ケンカ上等!」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ドッグランなどで愛犬を遊ばせていると、近寄ってくる犬がいます。その犬を見て急にしっぽを立て小刻みに振り始めたら、「ケンカする気ならやるぞ!」という感情が沸き上がっている証拠だそうです。

小刻みに振っていたしっぽが急にピタッと止まったら、飛びかかろうとする前触れかもしれません。同時に「ウー」とうなったり吠えかかったりしたら、臨戦態勢に入っています。すぐに遠ざけましょう。

しっぽを下げてゆっくり動かす「この先どうなるの?」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

しっぽを下げて低い位置でゆっくり左右に動かしているときは、「嬉しいような、不安なような…この先ボクどうなるの?」と周りの様子を見守ったり、伺ったりするきもち。

動物病院の待合室にいると、このような姿の犬がいませんか?その後の状況によって行動は違ってきますが、他の犬から逃げようとしたり、逆に突撃したりする場合も。
なんとか安心させてあげたいですね。

気持ちを察して絆をもっと深めよう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

しっぽが短い犬や無い犬は、その動きに気付きにくいかもしれませんが、しっかりと感情表現をしています。しっぽの付け根やお尻を振っている場合がありますので、よく観察してみてください。

同時に注目したいのが、顔の表情や耳の動き、姿勢、声の調子、目の動きなどの変化です。いつもと違うしぐさや行為が感じられたら、愛犬の気持ちを推察してみましょう。絆がもっと深まるかもしれませんよ!

このように、犬のしっぽ振りは嬉しいときだけの感情表現ではありません。怖い・不安・興奮などさまざまな気持ちを表しています。そのときどきの愛犬の感情を上手に読み取って、コミュニケーションをはかってみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2018年2月号『よくある愛犬のしぐさ じつは意外なきもちだった』(監修:「Can ! Do ! Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る