1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 台風でも犬の散歩…【穴澤賢の犬のはなし】

犬が好き

UP DATE

台風でも犬の散歩…【穴澤賢の犬のはなし】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前に、大型で非常に強い台風19号が日本列島を通過した。上陸する前からこれだけ巨大な台風は30年ぶりだとか観測史上初だと報道されていたので、外出を控えたり、家の周りに置いてあるものを中に入れたりして備えていた。けれども、夕方の散歩には行かねばならない。

台風19号 上陸直前に

なぜなら、基本的に大吉も福助も外でしか排せつしないからだ。特にこの日、福助は朝ウンチをしていなかったため、なんとか夕方にはしてもらいたい。だから、意を決して散歩に出た。さすがいつも散歩している浜辺は避けて、山側(以下、片瀬山)方面へ向かった。上陸は夜の予定だったが、この時点で猛烈な風と横殴りの雨だった。

人影のない街でも

いつもの台風のときと違って、この日は車もほとんど走っておらず、腰越の街に人影がまったくなかった。そんな中、私は大福を連れて歩いていた。レインコートを着ているが、すでに中まで雨が入って服が濡れていた。それでも片瀬山を目指す。

高台にある片瀬山公園に着くと、強風で木が折れそうなくらい揺れていた。小枝があちこちに落ちている。それでも歩く。しかしおしっこはするものの、なかなかウンチはしてくれない。仕方なく、公園をぐるぐる歩き回る。それでもしそうにない。というか、早く帰りたそうでもある。

災難なのは

しばらく歩き回ったが、諦めて引き返した。どんな顔をしているか記念に撮っておこうと思ったら、思い切り迷惑そうな顔をされる。帰宅し、バスタオルでごしごし拭いたら、「はぁ、災難だった」とばかりにリビングのソファでくつろいでいた。

後日、犬飼いの友人と話したら、やはり台風でも夕方の散歩には行ったそうだ。「できれば行きたくないけど、しょうがないよねぇ」と漏らしていた。まったく同感なのだが、迷惑そうな顔をするのはやめてもらいたい。そして、ウンチしたくなかったならはじめにそう言ってほしい。



プロフィール
穴澤 賢(あなざわ まさる)
1971年大阪生まれ。2005年、愛犬との日常をつづったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイやコラムを執筆するようになる。著書に『ひとりと一匹』(小学館文庫)、自ら選曲したコンピレーションアルバムとエッセイをまとめたCDブック『Another Side Of Music』(ワーナーミュージック・ジャパン)、愛犬の死から一年後の心境を語った『またね、富士丸。』(世界文化社)、本連載をまとめた『また、犬と暮らして』(世界文化社)などがある。2015年、長年犬と暮らした経験から「DeLoreans」というブランドを立ち上げる。

ブログ「Another Days」
ツイッター
インスタグラム

大吉(2011年8月17日生まれ・オス)
茨城県で放し飼いの白い犬(父)とある家庭の茶色い犬(母)の間に生まれる。飼い主募集サイトを経て穴澤家へ。敬語を話す小学生のように妙に大人びた性格。雷と花火と暴走族が苦手。せっかく海の近くに引っ越したのに、海も砂浜もそんなに好きではないもよう。

福助(2014年1月11日生まれ・オス)
千葉県の施設から保護団体を経て穴澤家へ。捕獲されたときのトラウマから当初は人間を怖がり逃げまどっていたが、約2カ月ほどでただの破壊王へ。ついでにデブになる。運動神経はかなりいいので、家では「動けるデブ」と呼ばれている。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る