1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護犬
  5. 病気を抱えて生まれ、のちに飼育放棄された犬→新しい家族と出会い、元気いっぱいな姿を見せていた

犬が好き

UP DATE

病気を抱えて生まれ、のちに飼育放棄された犬→新しい家族と出会い、元気いっぱいな姿を見せていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「たとえどんな病気を抱えていても、このコを守るのは私たちだ——そう思ったんです」

お散歩することねちゃん
@mamekotone

こう話すのは、元保護犬・ことねちゃん(♀・1才/豆柴)の飼い主さん。ことねちゃんはある理由により、ブリーダーに飼育放棄されてしまったコでした。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、ことねちゃんとの出会いや今の暮らしについて、飼い主さんに話を伺いました。

病気を抱えて生まれたことねちゃん。ブリーダーに飼育放棄され

見つめることねちゃん
@mamekotone

子どもの頃に一緒に暮らしていた愛犬を病気で亡くしたという飼い主さん。大好きだったのに、しっかりお世話することができなかった後悔が大人になっても残っており、「次に家族に迎えるコは、そのコの分まで大切にしよう」と心に決めていたそうです。

そして飼い主さんは、結婚後に引っ越したことを機に、「犬を迎えよう」と夫婦で話し合うことに。「行き場をなくしたコや辛い経験をして保護されたコを迎えてあげたい」と保護団体を探し、ことねちゃんにたどり着いたのでした。

眠ることねちゃん
@mamekotone

飼い主さん:
「あるブリーダーの元で生まれたことねは、両脚が膝蓋骨脱臼(パテラ)で、さらに心臓に2つの病気を抱えていました。ブリーダーに飼育放棄されてしまったところを、保護団体さんが保護してくれたんです。保護当時は痩せ細り、呼吸もやっとしているような瀕死の状態だったそうです」

おもちゃで遊ぶことねちゃん
@mamekotone

心臓病の1つは、保護施設にいた頃に手術をしてもらい、ことねちゃんはなんとか一命を取り留めました。飼い主さんはことねちゃんと出会ったときに、こんなことを思ったそうです。


飼い主さん:
「保護当時のことねは体が痩せ細っていて、ひどく怯えている様子を見せていました。でも、精一杯生きようとしている姿がとても健気で愛おしく、『どんな病気を抱えていても、このコを守るのは私たちだ』と思ったんです」

こうして飼い主さんご夫婦は、生後約4カ月半のことねちゃんを家族に迎えたのでした。

ことねちゃんは、持病があるとは感じさせないおてんば娘

見つめることねちゃん
@mamekotone

飼い主さんご夫婦の家に来てから、物怖じしない姿を見せているということねちゃん。いつも元気に部屋中を走り回り、持病があるとは感じさせないほどのおてんばさんなのだとか! コミカルな動きや表情を見せて、いつもご夫婦を笑わせているといいます。

旦那さんと添い寝することねちゃん
初めてことねちゃんに添い寝してもらえた旦那さん。鼻ピトまで♡
@mamekotone

また、ツンデレなところもあったようですが、1才頃からだんだんと甘えん坊になってきて、毎日何度も「抱っこして」と要求することも。そんなことねちゃんに、ご夫婦はメロメロなようです。


飼い主さん:
「ことねは夫のことも大好きです。夫が出かけるときは足にしがみつき、帰るコールがあるとすぐに窓をのぞきに行きます。そして帰宅後は、普段あまり振らないしっぽを振って熱烈歓迎!

お帰りのチューもおやすみのチューも、『いつまでするの?』と思うほど長いです(笑) 夫も『ありがと。ありがと。もういいよ』と言いながら喜んでいて、そんな2人を見ている時間がとても大切で愛おしくて。見ている私が、もしかしたら一番幸せなんじゃないかと思うほどです」

おもちゃを咥えることねちゃん
@mamekotone

ただ、元気に見えてもお腹や皮膚が弱く、1才を迎えるまでは病院に通うことが多かったのだとか。もう1つの心臓病の症状を抑えるために、毎日薬も飲んでいるのだそうです。

元気いっぱいなことねちゃんをおとなしくさせるのは大変だそうですが、心臓と足にあまり負担をかけないような生活を心がけ、ご夫婦は日々ことねちゃんのことを見守っているようです。

左足の膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術を受けることに

くつろぐことねちゃん
@mamekotone

ことねちゃんを家族に迎えてから、飼い主さんは特に印象に残っている出来事があるといいます。それは、左足の膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術を受けたときのことです。

成長とともに少しずつ悪化し、生後10カ月の頃には左足は「グレード2→グレード4」まで症状が進んでいたのだそう。獣医師に何度も相談し、骨の成長が止まる1才頃に手術をすることを提案され、ことねちゃんが1才5カ月の頃に手術をすることになったのでした。

リハビリをすることねちゃん
@mamekotone

飼い主さん:
「4時間の大手術は無事終わりました。麻酔から覚め、パニックで鳴き叫んでいたことねのことは、今でもはっきり覚えています。

目が覚めたら片足を包帯でぐるぐる巻かれ、立つことができなくて。何が起きているかわからず、不安と恐怖でいっぱいだったと思います。痛く怖い思いをさせてしまったことに申し訳ない気持ちになりましたが、同時に頑張って手術を乗り越えてくれて感謝の気持ちでいっぱいにもなりました。

入院中は何度も面会に行きましたが、日に日に元気になって行くことねを見られて、心から安心しましたね」

お散歩することねちゃん
@mamekotone

ことねちゃんは5日間の入院後、家での絶対安静期間を乗り越え、現在術後5カ月を迎えたそう。左足をかばうしぐさもほとんどなくなり、今までできなかった動きをたくさん見せてくれるようになったようです。


飼い主さん:
「ことねのためを考えて踏み切った手術ですが、元気にスムーズに歩くことねの姿を見せてもらえて、逆に幸せをもらったのは私たちのほうでした」

ことねちゃんにいろいろな経験をさせてあげたい

いちごを食べることねちゃん
@mamekotone

飼い主さんがことねちゃんを家族に迎えて、約1年半が経過します。今の思いについて聞いてみると、次のように語ってくれました。


飼い主さん:
「心臓病とは一生の付き合いになるため、自由に力いっぱい遊ばせてあげることはできないかもしれません。ですが、走ること以外にも楽しみは見つけられると思っています。海や山など、今まで行ったことのないところへ一緒に出かけて、いろいろなものを見たり感じたりしてもらいたいです。そして、ことねの楽しんでいる姿をたくさん見せてくれたら嬉しいですね」

微笑むことねちゃん
@mamekotone

飼い主さんのTwitterには、病気を抱えながらも毎日元気いっぱいに過ごすことねちゃんの姿が投稿されています。ぜひ覗いてみてくださいね。

写真提供・取材協力/@mamekotoneさん
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る