1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護犬
  5. 宮古島の保健所に収容されていた姉妹犬→家庭犬になって約2カ月、にぎやかで楽しい日々を送っていた

犬が好き

UP DATE

宮古島の保健所に収容されていた姉妹犬→家庭犬になって約2カ月、にぎやかで楽しい日々を送っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2頭の里親になることは、私たちにとってとても自然な選択だったように思います」

寄り添う梅ちゃんと稀ちゃん
(写真左から)梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

こう話すのは、元保護犬姉妹・梅ちゃん(♀・現在推定生後7カ月)と稀(まれ)ちゃん(♀・現在推定生後7カ月)の飼い主さん。宮古島出身の2頭は、素敵なご縁があって、北海道で暮らしている飼い主さんご家族の家に迎え入れられました。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、梅ちゃんと稀ちゃんとの出会いや今の暮らしについて、飼い主さんにお話を伺いました。

梅ちゃんと稀ちゃんは、一緒に保護されていた

寄り添う梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

宮古島で生まれた野犬の姉妹・梅ちゃんと稀ちゃん。同じ場所で発見され、保健所に収容されていたそうです。2頭のことを知った保護主さんが引き出すことを決意し、たくさんのボランティアの方たちの協力を経て、北海道の保護主さんのところまでやってきたそうです。

アゴ乗せをする梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

その当時、飼い主さんご家族は13年間一緒に暮らしていた愛犬・小豆ちゃんを亡くして悲しみに暮れていたそうですが、保護主さんのInstagramを通じて2頭の存在を知ったといいます。


飼い主さん:
「無邪気にはしゃぐ2頭の姿に元気づけられていました。もともと家族で『もし次に新しく犬を迎えることがあれば保護犬を引き取ろう』という話をしていたので、梅と稀の里親になることは私たちにとってとても自然な選択だったように思います」


2頭を迎え入れたいと思ったご家族は、トライアル期間を経て、2頭と正式に家族になることができたのでした。

性格は違うけれど、お互いを補い合える姉妹犬

まったりする梅ちゃん
梅ちゃん
@umemare_umare

褒められることよりも、「とにかくご褒美のおやつが欲しい!」というほど食いしん坊な性格の梅ちゃん。ゴハンの時間が近づくと、「時間だよ!」と必ず催促してくるのだとか。

また、甘えん坊で、ちょっぴり不器用なところが梅ちゃんの可愛いところだといいます。


飼い主さん:
「梅は、稀がオモチャでひとり遊びをしているのを見て真似をしてみるのですが、上手にできずに拗ねていることも多々あります。それに、ふだんからぼーっとしていることも多いですね(笑)」

くつろぐ稀ちゃん
稀ちゃん
@umemare_umare

一方の稀ちゃんは賢くて勝ち気で、みんなの関心を独り占めしたいアイドルタイプなのだとか。


飼い主さん:
「梅がお座りをして褒められていると、稀は『私のほうが上手だよ!』と言わんばかりに梅の一歩前に出て、アピールしてきます(笑)

また、稀は保護当時から左後ろ足を負傷しており、回復が難しいとのことで切断しているのですが、ハンデを感じさせないくらいパワフルなコに成長しています」

寄り添う梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

家に迎えた当初は稀ちゃんのほうが臆病で、いつも梅ちゃんの後ろを追っていたそうですが、今では立場が逆転! 稀ちゃんから逃れるため、梅ちゃんが椅子の下に隠れていることもしばしばあるのだそうです(笑)

くっついて眠る梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

そんな2頭と過ごす毎日はとてもにぎやかだと、飼い主さんは話します。


飼い主さん:
「家に来た初日は、2頭とも様子を伺って遠慮がちで、おりこうさんに振舞っていましたが、それも1日で終了。今ではどうやってゲートを開けてキッチンに侵入するか、おやつを手に入れるかを2頭で考えて、毎日挑戦しています(笑)  2頭なので喜びもイタズラも2倍です! 」

お散歩する梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

飼い主さん:
「私には妹がいるのですが、よく梅・稀の姿が自分たちに重なります。私たちと同じように真逆の性格の2頭ですが、だからこそお互いを補い合えるのかなと。とてもいい姉妹だなと感じています」

2頭は、あっという間に大切な家族の一員に

見つめる梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

梅ちゃん・稀ちゃんと家族になって約2カ月が経過します。「まだ2カ月しか経っていないの!?」と思うほど、2頭ととても濃い時間を過ごせていると飼い主さんはいいます。


飼い主さん:
「梅・稀が避妊手術の入院で不在だった1日は、太陽を失ったような気持ちでした。あっという間に私たちにとってかけがえのない大切な家族の一員になり、心を奪われています。

最近では梅・稀もそれに気づき、愛嬌を見せれば何でも許されるということを覚えつつありますね(笑)」

「外の世界は怖くない」と知ってもらえるように、向き合っていきたい

くっついて眠る梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

家の中では、おなかを見せて安心しきっている様子だという梅ちゃんと稀ちゃん。でも、お散歩に行くと人や車、落ちている棒などを見て、怖がるのだそうです。異様に怯える2頭を見ると、「何か過去に嫌な思い出があるのかな」と、心が締め付けられるといいます。

飼い主さんは「外の世界は怖くないよ」ということを2頭に知ってもらえるように、これからも向き合っていきたいと思いを話します。

見つめる梅ちゃん、稀ちゃん
@umemare_umare

飼い主さん:
「まだ生後約7カ月ですが、いろいろと大変な思いもしてきたと思うので、これからも目一杯愛情を注いでいきたいです。2頭が少しずついろいろなことに慣れてくれると嬉しいです。そして、ひとつでも多くの幸せを感じ、毎日幸せを感じて生きていってほしいです」


飼い主さんご家族とともに、梅ちゃんと稀ちゃんはこれからもさまざまな経験をしていくことでしょう。今後の成長も、あたたかく見守っていきたいですね。

写真提供・取材協力/@umemare_umareさん
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る