1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 脳、脊髄、神経
  4. 愛犬がてんかんと診断されました。家庭で気をつけることはありますか。

Q&A病気・健康

UP DATE

愛犬がてんかんと診断されました。家庭で気をつけることはありますか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬がてんかんと診断されました。家庭で気をつけることはありますか。

てんかんは突然に発作が起こり、苦しそうに見えるので、何とかしてあげたくなる人も多いようです。しかし、冷静になって注意深く見守ることが大切です。

体をおさえたり、ゆすったりしないでくださいね。意識のない愛犬に噛まれる事故は少なくありません。

愛犬が倒れている近くに危険なものがないか、愛犬は落下するような場所にいないかを確認し、怪我をしないようにしてあげましょう。獣医師の指示がある場合は、発作状況を観察し、メモをするようにしましょう。治療方針を決定する上で重要なデータとなります。

発作が長く続いたり、意識が戻らないうちに発作を繰り返し起こす場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。このような状態は「てんかん重積」といって、治療が遅れると後遺症が残ったり、命にかかわることもあります。

処方された薬は飼い主さんの判断で、量を変更したり、中断してはいけません。症状を悪化させることがありますので、必ず獣医師に相談してください。

ヨークシャー・テリア|♂|3歳2カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A病気・健康

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「ヨークシャー・テリア」の新着記事

新着記事をもっと見る